(旧版)患者さんと家族のための胆石症ガイドブック

本文

患者さんと家族のための
胆石症ガイドブック

本文は外部サイト(PDF)でご覧ください。

編集
日本消化器病学会


発行年月日
2010年12月1日


発行
株式会社 南江堂


※この解説は、日本消化器病学会、株式会社 南江堂より許可を得て掲載しています。

※改訂版の発行に伴い、リンク先が変更されている場合があります。

※このガイドラインの改訂版が発行されています。


目次
 
  日本消化器病学会「患者さんと家族のためのガイドブック」の刊行にあたって
  統括委員会
  胆石症診療ガイドライン委員会
 
1 胆石症とは?
       胆石を持っているヒトは増えているでしょうか?
胆石はどうしてできるのでしょうか?
胆石があるとどのような症状がおこるのでしょうか? かならずお腹が痛みますか?
胆石をもっていると、癌ができやすいのでしょうか?
このページの先頭へ
2 胆石症の診断と治療について
  胆石はどのようにして見つかるのでしょうか? また、どのような検査が役に立つのでしょうか?
痛みがなくても胆石は手術するほうがよいのですか?
胆石の手術とはどのようなものですか? お腹に穴を開けておこなうのですか、それともお腹を切って開けるのですか?
胆石で腹腔鏡を使って胆嚢の手術をするときにおこる合併症にはどのようなものがありますか?
胆石を薬で溶かすことはできるのでしょうか? それはどのような胆石でしょうか?
10 胆石を小さく壊して取り除くことはできますか? それはどのような胆石でしょうか?
11 胆石が胆嚢や胆管の出口に詰まって急に痛くなったらどのように対処するのでしょうか?
12 胆管にも胆石ができますか? それは症状がなければ放っておいても大丈夫でしょうか?
13 胆管にできた胆石はどのように治療するのでしょうか?
14 肝臓にも胆石はできますか? それは薬で溶けますか?
15 肝臓に胆石ができると肝臓を切るのでしょうか?
このページの先頭へ
3 胆石症を治療したあとは
  16 胆嚢を取り除いたあとも病院に通っておいたほうがよいでしょうか?
17 胆管の胆石を治療したあとはなにも心配することはありませんか?
18   肝臓の胆石を治療したあとはなにも心配することはありませんか?
このページの先頭へ



 
 
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す