作成中の診療ガイドライン情報

[最終更新日] 2023年12月26日

Mindsでは、作成団体から登録された現在作成・改訂中の診療ガイドライン情報を、「診療ガイドラインレジストリ」(作成中の診療ガイドライン一覧)として公開しています。診療ガイドラインレジストリに登録することで、診療ガイドライン作成過程の透明性を高めるとともに、他の作成組織と協働して診療ガイドラインを作成する機会を作り出すことができます。また、診療ガイドラインレジストリ登録者に対する作成支援 として、公開前評価の実施とパブリックコメントへの支援を実施しています。ぜひ本レジストリをご活用ください。

1. 作成中の診療ガイドライン一覧について

診療ガイドラインレジストリに登録された現在作成・改訂中の診療ガイドラインの一覧を見ることができます。

この一覧は診療ガイドラインの作成者からの情報提供に基づいて作成しています。定期的な確認を行っておりますが、最新の情報になっていないこともございます。最新の情報は各診療ガイドラインの担当者にお問い合わせください。

1.1 作成段階について

「作成段階」は、現在作成・改訂中の診療ガイドラインがどの作成段階まで進んでいるかを示します。

  • 作成段階について 現在作成・改訂中の診療ガイドラインがどの作成段階まで進んでいるかを示します。

    作成段階として次の段階があります。

    作成段階説明
    1.企画・準備段階診療ガイドライン作成の企画、作成組織体制づくり等の段階です。
    2.スコープ作成段階疾患トピックの基本的特徴、スコープ作成の段階です。
    3.システマティックレビュー実施段階文献の検索・スクリーニング、個々の文献の評価、エビデンス総体の評価等を含んだシステマティックレビューを実施している段階です。
    4.推奨作成段階推奨作成にかかる追加的資料の作成、推奨作成会議、投票等の段階です。
    5.最終化段階推奨作成後の追加的な資料を作成し、必要に応じて外部評価を実施し、診療ガイドラインの発行に向けて準備する段階です。
    6.発行済診療ガイドラインの発行を完了した段階です。
    7.その他1~6以外の段階です。

1.2 作成中の診療ガイドライン一覧

(登録数 32件)
  • がん患者における気持ちのつらさガイドライン
    作成組織:日本サイコオンコロジー学会
    疾患・テーマがん患者の気持ちのつらさ
    作成組織日本サイコオンコロジー学会
    発行予定年月2024年9月
    情報更新日2024年7月10日
    作成者代表者慶應義塾大学病院 医療安全管理部 准教授 藤澤 大介
    連絡先担当者横浜市立大学附属病院 緩和医療科 阿部 晃子
    soleilakiko930●yahoo.co.jp(●→アットマーク)
    作成段階5.最終化段階
  • サルコペニア・フレイルの予防・改善に関するデジタルヘルスのためのガイドライン
    作成組織:AMED予防・健康づくりの社会実装に向けた研究開発基盤整備事業、ヘルスケア社会実装基盤整備事業「サルコペニア・フレイルの予防に関するヘルスケアサービスのためのガイドライン開発研究」班
    疾患・テーマ一般高齢者、フレイル・サルコペニアを有する高齢者、フレイル・サルコペニアのリスクを有する非高齢者
    作成組織AMED予防・健康づくりの社会実装に向けた研究開発基盤整備事業、ヘルスケア社会実装基盤整備事業「サルコペニア・フレイルの予防に関するヘルスケアサービスのためのガイドライン開発研究」班
    発行予定年月2025年3月
    情報更新日2024年7月8日
    作成者代表者国立長寿医療研究センター 理事長 荒井秀典
    連絡先担当者新潟医療福祉大学 准教授 井上達朗
    tatsuro-inoue●nuhw.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階5.最終化段階
  • 乳歯と幼若永久歯の小窩裂溝填塞ガイドライン
    作成組織:公益社団法人日本小児歯科学会
    疾患・テーマ小児の乳歯と幼若永久歯のう蝕予防
    作成組織公益社団法人日本小児歯科学会
    発行予定年月2022年4月
    情報更新日2024年7月5日
    作成者代表者公益社団法人日本小児歯科学会 理事長 新谷 誠康
    連絡先担当者日本歯科大学生命歯学部小児歯科学講座 教授 苅部 洋行
    東京都千代田区富士見1-9-20
    h-karibe●tky.ndu.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階5.最終化段階
  • 膠様滴状角膜ジストロフィーの診療ガイドライン
    作成組織:厚労科研「前眼部難病の診療ガイドライン作成および普及・啓発の研究」研究班
    疾患・テーマ膠様滴状角膜ジストロフィー
    作成組織厚労科研「前眼部難病の診療ガイドライン作成および普及・啓発の研究」研究班
    発行予定年月2025年3月
    情報更新日2024年7月5日
    作成者代表者国立大学法人大阪大学医学系研究科 教授 西田 幸二
    連絡先担当者国立大学法人大阪大学医学系研究科 大家 義則/西田 希
    大阪府吹田市山田丘2-2
    yoie●ophthal.med.osaka-u.ac.jp / nozomi.n●ophthal.med.osaka-u.ac.jp(●→アットマーク)
    協力組織日本眼科学会、日本角膜学会
    作成段階5.最終化段階
  • がん患者の栄養療法ガイドライン
    作成組織:日本栄養治療学会
    疾患・テーマがんに関連した栄養障害
    作成組織日本栄養治療学会
    発行予定年月2024年9月末
    情報更新日2024年7月5日
    作成者代表者神戸大学大学院医学研究科 外科系講座 災害・救急医学分野 教授 小谷 穣治
    連絡先担当者神戸市立医療センター中央市民病院麻酔科/NST 医長 東別府 直紀
    神戸市中央区港島南町2−1−1
    gashibe●kcho.jp(●→アットマーク)
    作成段階5.最終化段階
  • 定位・機能神経外科治療ガイドライン(第4版)
    作成組織:一般社団法人 日本定位・機能神経外科学会
    疾患・テーマ機能神経外科治療
    作成組織一般社団法人 日本定位・機能神経外科学会
    発行予定年月2024年10月
    情報更新日2024年7月5日
    作成者代表者大阪大学大学院医学系研究科 脳神経外科学 教授 貴島 晴彦
    連絡先担当者大阪大学大学院医学系研究科 脳神経外科学 特任講師(常勤) 細見 晃一
    k-hosomi●nsurg.med.osaka-u.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階5.最終化段階
  • 肺病変を有する肺高血圧症 診療ガイドライン
    作成組織:日本呼吸器学会
    疾患・テーマ慢性呼吸器疾患を合併した肺高血圧症
    作成組織日本呼吸器学会
    発行予定年月2024年6月
    情報更新日2024年7月5日
    作成者代表者順天堂大学 呼吸器内科 准教授 長岡 鉄太郎
    連絡先担当者順天堂大学 呼吸器内科 長岡 鉄太郎
    jnagaoka●juntendo.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階4.推奨作成段階
  • 小児痙縮・ジストニア診療ガイドライン
    作成組織:日本小児神経学会、小児痙縮・ジストニア診療ガイドライン策定ワーキンググループ
    疾患・テーマ小児期(乳児期から18歳未満)の痙縮・ジストニア
    作成組織日本小児神経学会、小児痙縮・ジストニア診療ガイドライン策定ワーキンググループ
    発行予定年月2028年12月
    情報更新日2024年7月4日
    作成者代表者杏林大学医学部付属病院小児科 宮田世羽
    連絡先担当者杏林大学医学部付属病院小児科 宮田世羽
    miyata-y●ks.kyorin-u.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階1.企画・準備段階
  • チック診療ガイドライン
    作成組織:日本小児神経学会・チック診療ガイドライン策定WG
    疾患・テーマチック症
    作成組織日本小児神経学会・チック診療ガイドライン策定WG
    発行予定年月2024年2月
    情報更新日2024年7月4日
    作成者代表者久留米大学医学部小児科 教授 山下 裕史朗
    連絡先担当者久留米大学医学部小児科 教授 山下 裕史朗
    福岡県久留米市旭町67
    yushiro●med.kurume-u.ac.jp(●→アットマーク)
    協力組織日本小児神経学会
    作成段階6.発行済
  • 結核診療ガイドライン
    作成組織:日本結核・非結核性抗酸菌症学会
    疾患・テーマ結核の診断、治療
    作成組織日本結核・非結核性抗酸菌症学会
    発行予定年月2024年4月
    情報更新日2024年7月4日
    作成者代表者日本結核・非結核性抗酸菌症学会 理事長 藤田 明
    連絡先担当者千葉大学医学部附属病院 感染制御部長 猪狩 英俊
    千葉市中央区亥鼻1-8-1
    igari_h●chiba-u.jp(●→アットマーク)
    作成段階6.発行済
  • 生活期におけるリハビリテーション・栄養・口腔管理の協働に関するケアガイドライン
    作成組織:長寿政策研究事業(令和4年度)「生活期におけるリハビリテーション・栄養・口腔管理の協働に関するケアガイドライン作成グループ」
    疾患・テーマ要介護高齢者
    作成組織長寿政策研究事業(令和4年度)「生活期におけるリハビリテーション・栄養・口腔管理の協働に関するケアガイドライン作成グループ」
    発行予定年月2024年5月
    情報更新日2024年7月4日
    作成者代表者国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 老年内科 前田 圭介
    連絡先担当者NTT東日本関東病院栄養部 上島 順子
    juesh.diet1034●gmail.com(●→アットマーク)
    協力組織国立長寿医療研究センター、日本リハビリテーション栄養学会、日本老年歯科医学会
    作成段階6.発行済
  • 高齢者総合機能評価(CGA)ガイドライン
    作成組織:高齢者総合機能評価(CGA)ガイドライン策定委員会
    疾患・テーマ高齢者総合機能評価(CGA)ガイドライン
    作成組織高齢者総合機能評価(CGA)ガイドライン策定委員会
    発行予定年月2024年6月
    情報更新日2024年7月4日
    作成者代表者東京大学大学院医学系研究科老年病学 秋下雅弘
    連絡先担当者一般財団法人国際医学情報センター 医薬情報部 CGAガイドライン担当 加治美紗子
    guideline●imic.or.jp(●→アットマーク)
    作成段階6.発行済
  • 関節リウマチ診療ガイドライン2024
    作成組織:関節リウマチ診療ガイドラインの改訂による医療水準の向上に関する研究班
    疾患・テーマ関節リウマチ
    作成組織関節リウマチ診療ガイドラインの改訂による医療水準の向上に関する研究班
    発行予定年月2024年5月
    情報更新日2024年7月4日
    作成者代表者東京女子医科大学膠原病リウマチ内科学 教授・基幹分野長 針谷 正祥
    連絡先担当者東京女子医科大学膠原病リウマチ内科学 教授・基幹分野長 針谷 正祥
    harigai.masayoshi●twmu.ac.jp(●→アットマーク)
    協力組織日本リウマチ学会
    作成段階6.発行済
  • 障害者歯科診療における行動調整ガイドライン
    作成組織:日本障害者歯科学会 診療ガイドライン作成委員会
    疾患・テーマ発達障害児者
    作成組織日本障害者歯科学会 診療ガイドライン作成委員会
    発行予定年月2024年4年
    情報更新日2024年7月4日
    作成者代表者日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック 教授 田村文誉
    連絡先担当者日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック 講師 山田裕之
    yamada-23●tky.ndu.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階6.発行済
  • NICUに入院している新生児の痛みのケアガイドライン第3版
    作成組織:日本新生児看護学会
    疾患・テーマ痛み
    作成組織日本新生児看護学会
    発行予定年月2025年3月
    情報更新日2024年6月14日
    作成者代表者広島大学 小澤 未緒
    連絡先担当者広島大学 小澤 未緒
    ozawamio●hiroshima-u.ac.jp(●→アットマーク)
    協力組織日本新生児成育医学会,日本周産期・新生児医学会,日本麻酔科学会,日本小児外科学会
    作成段階4.推奨作成段階
  • 腎臓リハビリテーションガイドライン
    作成組織:日本腎臓リハビリテーション学会
    疾患・テーマ腎臓リハビリテーション
    作成組織日本腎臓リハビリテーション学会
    発行予定年月2026年3月
    情報更新日2024年4月1日
    作成者代表者東京女子医科大学 ガイドライン作成委員長 星野 純一
    連絡先担当者香川大学 ガイドライン作成事務局 祖父江 理
    sofue.tadashi●kagawa-u.ac.jp(●→アットマーク)
    関連情報掲載サイトhttps://jsrr.smoosy.atlas.jp/ja/guideline_jsrr
    作成段階2.スコープ作成段階
  • 車椅子シーティング実践ガイドライン
    作成組織:特定非営利活動法人日本シーティング・コンサルタント協会
    疾患・テーマ車椅子利用者を対象としてシーティングの実践についてのガイドラインを作成する
    作成組織特定非営利活動法人日本シーティング・コンサルタント協会
    発行予定年月2024年12月
    情報更新日2024年3月27日
    作成者代表者神奈川県総合リハビリテーションセンター神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション部理学療法科 森田智之
    連絡先担当者神奈川県総合リハビリテーションセンター神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション部理学療法科 森田智之
    zomorita●nifty.com(●→アットマーク)
    作成段階3.システマティックレビュー実施段階
  • 日本うつ病学会うつ病治療ガイドライン
    作成組織:日本うつ病学会
    疾患・テーマうつ病
    作成組織日本うつ病学会
    発行予定年月2024年7年
    情報更新日2024年1月25日
    作成者代表者杏林大学医学部精神神経科学教室 教授 渡邊衡一郎
    連絡先担当者関西医科大学医学部精神神経科学講座 准教授 加藤 正樹
    pangaea1975●gmail.com(●→アットマーク)
    協力組織日本精神神経学会
    作成段階4.推奨作成段階
  • 胆道閉鎖症診療ガイドライン改定版
    作成組織:日本胆道閉鎖症研究会
    疾患・テーマ胆道閉鎖症
    作成組織日本胆道閉鎖症研究会
    発行予定年月2023年12月
    情報更新日2023年5月9日
    作成者代表者慶応義塾大学小児外科 黒田 達夫
    連絡先担当者東北大学病院小児外科 大久保 龍二
    okubo●ped-surg.med.tokoku.ac.jp(●→アットマーク)
    協力組織日本小児外科学会、日本小児栄養消化器肝臓学会、日本肝移植研究会、日本小児放射線学会、日本小児肝臓研究会
    関連情報掲載サイトhttps://jbas.net/
    作成段階5.最終化段階
  • 高血圧治療ガイドライン2025
    作成組織:特定非営利活動法人 日本高血圧学会
    疾患・テーマ高血圧
    作成組織特定非営利活動法人 日本高血圧学会
    発行予定年月2025年5月
    情報更新日2022年12月15日
    作成者代表者琉球大学病院 院長 大屋 祐輔
    連絡先担当者日本高血圧学会事務局 主任 保坂 雅大
    東京都文京区本郷3丁目28番8号日内会館2階
    hosaka●jpnsh.jp(●→アットマーク)
    関連情報掲載サイトhttps://www.jpnsh.jp/guideline.html
    作成段階1.企画・準備段階
  • 急性放射線皮膚炎のケアに関する合同ガイドライン(仮)
    作成組織:一般社団法人日本がん看護学会、公益社団法人日本放射線腫瘍学会
    疾患・テーマ急性放射線皮膚炎のケアに関する合同ガイドライン
    作成組織一般社団法人日本がん看護学会、公益社団法人日本放射線腫瘍学会
    発行予定年月2023年12月
    情報更新日2022年12月12日
    作成者代表者慶應義塾大学看護医療学部、日本がん看護学会 矢ヶ崎 香
    連絡先担当者慶應義塾大学看護医療学部、日本がん看護学会 矢ヶ崎 香
    yagasaki●sfc.keio.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階3.システマティックレビュー実施段階
  • ロービジョンケアガイドライン
    作成組織:日本ロービジョン学会
    疾患・テーマ視覚障害の生活困難さの評価や支援のガイドライン
    作成組織日本ロービジョン学会
    発行予定年月2025年3月
    情報更新日2022年10月18日
    作成者代表者神戸アイセンター病院 横田 聡
    連絡先担当者神戸アイセンター病院 横田 聡
    神戸市中央区港島南町2-1-8
    sy324914●kuhp.kyoto-u.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階1.企画・準備段階
  • 胃軸捻転症診療ガイドライン
    作成組織:日本小児外科学会
    疾患・テーマ胃軸捻転症
    作成組織日本小児外科学会
    発行予定年月2023年3月
    情報更新日2022年3月8日
    作成者代表者成育医療センター 米田 光宏
    連絡先担当者久留米大学 深堀 優
    fuka8031●gmail.com(●→アットマーク)
    作成段階3.システマティックレビュー実施段階
  • 小児,思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン
    作成組織:一般社団法人日本癌治療学会
    疾患・テーマ妊孕性温存
    作成組織一般社団法人日本癌治療学会
    発行予定年月2023年10月
    情報更新日2022年2月2日
    作成者代表者聖マリアンナ医科大学産婦人科学 鈴木 直
    連絡先担当者一般社団法人日本癌治療学会 福田 奈津喜
    gl●jsco.or.jp(●→アットマーク)
    作成段階2.スコープ作成段階
    その他

    第2版作成に際して対象領域が増えたことで,ガイドライン名称が変更になる可能性あり。

  • 強迫症の診療ガイドライン
    作成組織:不安症、強迫症診療ガイドライン委員会(日本不安症学会、日本神経精神薬理学会合同)
    疾患・テーマ強迫症
    作成組織不安症、強迫症診療ガイドライン委員会(日本不安症学会、日本神経精神薬理学会合同)
    発行予定年月2021年11月
    情報更新日2021年10月28日
    作成者代表者千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学 清水 栄司
    連絡先担当者東京医科大学精神医学分野 井上 猛
    tinoue●tokyo-med.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階4.推奨作成段階
    その他

    清水栄司:連絡先 eiji●faculty.chiba-u.jp(●→アットマーク)

  • パニック症の診療ガイドライン
    作成組織:不安症、強迫症診療ガイドライン委員会(日本不安症学会、日本神経精神薬理学会合同)
    疾患・テーマパニック症
    作成組織不安症、強迫症診療ガイドライン委員会(日本不安症学会、日本神経精神薬理学会合同)
    発行予定年月2021年11月
    情報更新日2021年10月28日
    作成者代表者千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学 清水 栄司
    連絡先担当者東京医科大学精神医学分野 井上 猛
    tinoue●tokyo-med.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階4.推奨作成段階
    その他

    清水栄司:連絡先 eiji●faculty.chiba-u.jp(●→アットマーク)

  • 結節性硬化症に伴うてんかんの診療ガイドライン
    作成組織:結節性硬化症に伴うてんかんの診療ガイドラインワーキンググループ
    疾患・テーマ結節性硬化症に伴うてんかんに対して有効な検査や治療方法について指針を作る
    作成組織結節性硬化症に伴うてんかんの診療ガイドラインワーキンググループ
    発行予定年月2020年10月
    情報更新日2020年9月15日
    作成者代表者鳥取大学医学部脳神経小児科 准教授 岡西 徹
    連絡先担当者鳥取大学医学部脳神経小児科 准教授 岡西 徹
    鳥取県米子市西町36-1
    oknsoknsokns●yahoo.co.jp(●→アットマーク)
    協力組織日本小児神経学会、日本結節性硬化症学会
    作成段階3.システマティックレビュー実施段階
  • 摂食障害診療ガイドライン
    作成組織:日本摂食障害学会
    疾患・テーマ摂食障害
    作成組織日本摂食障害学会
    発行予定年月2021年9月
    情報更新日2020年8月7日
    作成者代表者東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学 吉内 一浩
    連絡先担当者東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学 吉内 一浩
    kyoshiuc-tky●umin.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階2.スコープ作成段階
  • GBS/FSガイドライン
    作成組織:日本神経学会
    疾患・テーマ神経免疫疾患
    作成組織日本神経学会
    発行予定年月2021年5月
    情報更新日2020年8月7日
    作成者代表者杏林大学脳神経内科 千葉 厚郎
    連絡先担当者杏林大学脳神経内科 内堀 歩
    auchibori●ks.kyorin-u.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階1.企画・準備段階
  • 本態性振戦診療ガイドライン
    作成組織:神経変性疾患領域の基盤的調査研究班 本態性振戦診療ガイドライン作成グループ
    疾患・テーマ本態性振戦
    作成組織神経変性疾患領域の基盤的調査研究班 本態性振戦診療ガイドライン作成グループ
    発行予定年月2021年6月
    情報更新日2020年7月7日
    作成者代表者国立病院機構松江医療センター 副院長 古和 久典
    連絡先担当者国立病院機構松江医療センター 副院長 古和 久典
    松江市上乃木5丁目8番31号
    norkowa-neu●umin.ac.jp(●→アットマーク)
    協力組織日本神経治療学会
    作成段階3.システマティックレビュー実施段階
  • 脊髄性筋萎縮症の診療ガイドライン
    作成組織:神経変性疾患基盤的調査研究班
    疾患・テーマ脊髄性筋萎縮症
    作成組織神経変性疾患基盤的調査研究班
    発行予定年月2020年12月
    情報更新日2019年11月20日
    作成者代表者東京女子医科大学臨床ゲノムセンター 所長・特任教授 齋藤 加代子
    連絡先担当者東京女子医科大学臨床ゲノムセンター 事務 上田明子
    東京都新宿区河田町8-1
    saito.kayoko●twmu.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階2.スコープ作成段階
  • 副甲状腺機能亢進症診療ガイドライン
    作成組織:一般社団法人日本内分泌外科学会
    疾患・テーマ副甲状腺機能亢進症
    作成組織一般社団法人日本内分泌外科学会
    発行予定年月2020年4月
    情報更新日2019年11月8日
    作成者代表者藤田保健衛生大学内分泌外科 教授 日比八束
    連絡先担当者東京女子医科大学乳腺・内分泌外科 講師 堀内 喜代美
    東京都新宿区河田町8-1
    horiuchi.kiyomi●twmu.ac.jp(●→アットマーク)
    作成段階3.システマティックレビュー実施段階