有効性評価に基づく肺がん検診ガイドライン

文献ID:S0024420

著者

高橋里美

出典: 加齢研誌/ 46巻, 1号, 13-30頁/ 発行年 1994年

AF

1

研究方法

時系列研究及び地域相関研究

検診方法

胸部XRと高危険群に対する喀痰細胞診

対象数

38町村

対象集団の特性

宮城県

対象集団の設定条件

国保加入率45%以上かつ40歳以上検診受診率50%以上の33町村を検診群、老健法に基づく肺癌検診が実施されていないが検診を実施すれば50%以上の受診率が予想される国保加入率45%以上の5町村を検診非実施群とした。
1)検診実施群で検診開始前後で死亡/罹患比を比較、2)2群における年齢調整罹患率及び死亡率の変化を比較検討し、「検診群の肺癌死亡数が非実施群と同じ割合で増加する」と仮定した場合の期待死亡数と観察死亡数を比較する。

評価指標

死亡数、罹患数、年齢調整死亡率、年齢調整罹患率

評価指標の把握

地域がん登録、宮城県衛生統計年報、国勢調査

結果

1)死亡/罹患比は、検診開始3年前は平均81.8%、開始後5年間の平均は68.9%。
2)昭和57年検診開始13町村の検診開始後5年間の期待死亡数と観察死亡数はそれぞれ239と181(24.3%減少)、58年検診開始10町村では検診開始後4年間の期待死亡数と観察死亡数はそれぞれ176と136(22.7%減少)であった。

不利益

記載なし

研究全般に関するコメント

検診実施群が33町村であるのに対し、非実施群が5町村と少ない点、非実施町村でも全く肺がん検診が行われていないわけではない点、死亡率の推移を見るのに検診後5年間では短い点などに注意が必要。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す