(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2006年版

文献ID:S0020234 PMID: 12698181

著者

Ulrich-Pur H/Raderer M/Verena Kornek G/Schull B/Schmid K/Haider K/Kwasny W/Depisch D/Schneeweiss B/Lang F/Scheithauer W

出典: Br J Cancer/ 88巻, 1180-4頁/ 発行年 2003年

Evidence Level

II

目的

進行膵癌に対するgemcitabine投与後のsecond lineとしてのIrinotecan+raltitrexedとraltitrexed単独療法の比較。

研究施設/組織

University Hospital 1内, Austria

研究期間

2000年7月〜2001年9月

対象患者

gemcitabine投与後,再発もしくは効果不良例38人
多施設研究によるランダム化比較試験

介入

Irinotecan+raltitrexed群: Irinotecan 200mg/mg/m2 (day 1)+raltitrexed 3mg/m2 (day 2)
raltitrexed単独療法群: raltitrexed 3mg/m2 (day 1)

主要評価項目

1. 抗腫瘍効果,2. Clinical benefit response,3. 毒性

結果

Irinotecan+raltitrexed群で抗腫瘍効果が認められたものが3例,raltitrexed群は0例で有意にIrinotecan+raltitrexed群が良好。Progression free survival,over all survival,clinical benefit responseもIrinotecan+raltitrexed群で良好。毒性はIrinotecan+raltitrexed群が多いが,grade 3は両群とも3人のみ。

結論

gemcitabine抵抗性進行膵癌に対するsecond lineとしてのIrinotecan+raltitrexedは今後試行されることが望まれるレジメンである。

作成者

杉本博行,井上総一郎

コメント

gemcitabine抵抗性膵癌のsecond lineは確立されておらず,今後の大規模研究が待たれる。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す