(旧版)男性下部尿路症状診療ガイドライン

 
5 治療

4 保存治療

3)前立腺炎の保存療法
推奨グレード:c+
Male lower urinary tract symptomsあるいはprostatitis と治療法をキーワードとして検索したところ,21編の論文を得た。うち6編を引用した。

ある程度は有効性を支持する根拠があり(E),有害事象もまれである。


保存治療の対象となる前立腺炎は,慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群(NIHの分類のcategory IIIA/B)である。理学療法,骨盤底筋体操,電気刺激療法などの保存治療が検討されている1)。一般的な生活指導として控えることが勧められているのは,アルコール摂取,刺激の強い食品摂取,長時間の坐位,自転車・バイク・自動車の運転,下半身の冷えなどである。バイオフィードバックにより,症状スコア,疼痛,排尿状態,QOLの改善が示され2-5)V),性機能も改善した6)V)。しかし,いずれの報告も症例数が少なく長期成績が不明であり,本疾患の病態も十分に解明されておらず,今後も検討が必要である。
(大園 誠一郎)



参考文献
1) Anderson RU. Management of chronic prostatitis--chronic pelvic pain syndrome. Urol Clin North Am 2002; 29: 235-239(総説
2) Nadler RB. Bladder training biofeedback and pelvic floor myalgia. Urology 2002; 60(Suppl 6A): 42-43(V
3) Ye Z-Q, Cai D, Lan R-Z, Du G-H, Yuan X-Y, Chen Z, Ma Y-Z, Hu Y-M, Zeng G-Y. Biofeedback therapy for chronic pelvic pain syndrome. Asian J Androl 2003; 5: 155-158(V
4) Anderson RU, Wise D, Sawyer T, Chan C. Integration of myofascial trigger point release and paradoxical relaxation training treatment of chronic pelvic pain in men. J Urol 2005; 174: 155-160(V
5) Cornel EB, van Haarst EP, Schaarsberg RWMB-G, Geels J. The effect of biofeedback physical therapy in men with Chronic Pelvic Pain Syndrome Type III. Eur Urol 2005; 47: 607-611(V
6) Anderson RU, Wise D, Sawyer T, Chan CA. Sexual dysfunction in men with chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome: improvement after trigger point release and paradoxical relaxation training. J Urol 2006; 176: 1534-1539(V

 

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す