膵石症の内視鏡治療ガイドライン 2014

 
本文は PDFでご覧ください。
編集
厚生労働省難治性膵疾患調査研究班・日本膵臓学会


発行年月日
2014年4月25日

※このガイドラインは、日本膵臓学会より許可を得て掲載しています。

目次
前付
  作成委員会
  Delphi 法による専門家委員会
  評価委員会
I.疾患概念と病態
  CQ-I-1) 膵石症とは?
  CQ-I-2) 臨床症状は?
  CQ-I-3) どんな合併症があるか?
II.診断
  CQ-II-1) 血液検査は有用か?
  CQ-II-2) 腹部単純X 線検査は有用か?
  CQ-II-3) 超音波検査は有用か?
  CQ-II-4) CT 検査は有用か?
  CQ-II-5) MRI・MRCP は有用か?
  CQ-II-6) ERCP は有用か?
  CQ-II-7) EUS は有用か?
III.治療
  CQ-III-1) どのような症例を治療するか?
  CQ-III-2) 治療法にはどのような方法があるか?その選択は?
  CQ-III-3) 体外式衝撃波結石破砕療法(ESWL)
  CQ-III-4) 内視鏡治療
文献
このページの先頭へ

 

CQサマリー

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す