GIST診療ガイドライン 2014年4月改訂【第3版】

 
本文は外部サイトでご覧ください。
編集
日本癌治療学会
日本胃癌学会
GIST研究会


発行年月日
2014年4月20日


発行
金原出版

※このガイドラインは,日本癌治療学会,金原出版より許可を得て掲載しています。

目次
前付
第3版序
第2版補訂版序
第2版序
初版序
このページの先頭へ
概説
I.目的・対象
II.採用したエビデンスの質評価基準と推奨グレ−ドの分類
III.文献検索方法
IV.ガイドラインの構成
V.作成の経緯と改訂の目標
VI.作成関連学会,資金,利益相反と作成委員,評価委員
CQおよび推奨一覧
アルゴリズム
1. 胃粘膜下腫瘍(SMT)の治療方針
2. GIST治療マニュアル(1)外科治療
3. GIST治療マニュアル(2)内科治療
4. GIST治療マニュアル(3)再発治療
5. イマチニブ耐性GIST治療
6. GISTの術前治療(臨床試験)
7. 病理組織診断─免疫染色による主な消化管間葉系腫瘍の鑑別
本ガイドラインにおける略語一覧
このページの先頭へ
画像診断
I.初回画像診断の方針
II.GISTの再発・転移の画像モニタリング
III.GISTのイマチニブ投与後の治療効果判定
Q and A
1. GISTの確定診断に有効な画像検査は何か。
2. イマチニブのGIST治療効果判定に有効な画像検査は何か。
3. イマチニブによるGIST治療の早期治療効果判定にどのようなものが有効か。
このページの先頭へ
病理診断
I.病理診断の基本
II.GISTのリスク分類
III.特殊なGIST
Q and A
1. GISTはHE染色のみで診断できるか。
2. GISTの診断にKIT免疫染色は有効か。
3. GIST以外の腫瘍にKITの発現はみられるか。
4. KITの陽性像が一部,もしくは弱くしかみられない場合の診断はどうするか。
5. KIT陰性のGIST(KIT, CD34, desmin, S-100蛋白がすべて陰性のGISTを含む)の診断はいかにすべきか。
6. GISTは臓器別に頻度や生物学的特徴に違いはあるか。
7. KIT免疫染色とc-kit遺伝子異常との関係は?
8. GISTの組織学的悪性度診断はいかに行うか。
9. 生検でGISTの診断・悪性度診断ができるか。
10. KIT陰性GISTの診断にc-kit遺伝子変異の検索は有効か。
11. イマチニブ治療効果予測にc-kit遺伝子変異の検索は有効か。
12. イマチニブ治療効果予測にPDGFRA遺伝子変異の検索は有効か。
このページの先頭へ
外科治療
I.手術の原則
II.腹腔鏡下手術
III.術後フォロ−アップ
IV.再発治療
V.耐性GISTの外科治療
VI.臨床試験段階の治療
Q and A
1. 2cm未満の胃粘膜下腫瘍は経過観察にしてよいか。
2. 2cm未満の胃粘膜下腫瘍の経過観察期間と方法はどのようにすべきか。
3. 2cm以上,5cm以下の胃粘膜下腫瘍は切除すべきか。
4. 2cm以上,5cm以下の胃粘膜下腫瘍切除における腹腔鏡(補助)下手術は適応か。
5. 5.1cm以上の胃粘膜下腫瘍は切除すべきか。
6. 5.1cm以上の胃粘膜下腫瘍切除における腹腔鏡(補助)下手術は適応か。
7. GISTに対する胃切除術(全摘,幽門側切除,噴門側切除)は必要か。
8. GISTに対する系統的リンパ節郭清は有効か。
9. 高度局所進行GISTの姑息切除は有効か。
10. GISTの肝転移巣切除は有効か。
11. 播種病変を伴う初発GISTの外科治療は有効か。
12. GISTの肝転移巣に対するRFAは有効か。
13. 肝転移以外の遠隔転移を有するGISTの姑息切除は有効か。
14. GIST切除においては切除断端を確保すべきか。
15. GIST根治手術後のフォロ−アップの間隔・検査方法はどのようにすべきか。
16. 再発GISTに対する外科治療はどのような症例に適応があるか。
このページの先頭へ
内科治療
I.切除不能・転移性GIST
II.イマチニブ耐性GIST
III.スニチニブ耐性GIST
IV.術後補助化学療法
Q and A
1. イマチニブの効果予測にKIT染色は有効か。
2. イマチニブの効果予測にc-kitの遺伝子解析は有効か。
3. イマチニブの投与量は400mg/日と800mg/日のどちらを選択すべきか。
4. イマチニブ投与により奏効が得られた場合,イマチニブを続行すべきか。
5. イマチニブの血中濃度測定は有効か。
6. イマチニブ400mg/日投与中にPDになった症例に対して,投与量増加は有効か。
7. イマチニブはGIST術後補助化学療法に有効か。
8. イマチニブはGIST術前化学療法に有効か。
9. スニチニブ不応症例の有効な治療は何か。
このページの先頭へ
索引
このページの先頭へ
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す