(旧版)ED診療ガイドライン 2012年版

 
8 治療

2 リスクファクターと合併症への対応
喫煙している患者であれば,禁煙を促す。
〔推奨グレードC1〕
明らかな肥満・運動不足が認められれば,生活習慣の改善,運動を指導する。
〔推奨グレードB〕
高血圧,糖尿病,心疾患,うつ病,睡眠時無呼吸症候群(SAS),慢性腎臓病(CKD)などを新たに発見した(あるいは疑いをもった)場合には,専門医に紹介し,適切な治療を受けさせる。LUTS/BPH を疑えば,α遮断薬による治療を考慮するか,泌尿器科専門医へ紹介する。
〔推奨グレードC1〕
薬剤によるEDが疑われる場合には,主治医に連絡をとり,原疾患の治療に差し支えのない範囲での原因薬剤の減量・変更・中止を図る。
〔推奨グレードC1〕

 


 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す