特発性正常圧水頭症診療ガイドライン 第3版

 
 第2部 6 排尿障害
第2部 クリニカルクエスチョン(CQ)編
6排尿障害
第1章-Ⅱ-3
CQ6iNPHにおける排尿障害の特徴は何か?
A

臨床的には尿意切迫と夜間排尿も含む頻尿などの過活動膀胱が特徴で,70%程度の患者で尿失禁を認める。多くは切迫性尿失禁である(エビデンス総体C)。

解説・エビデンス

iNPHの排尿障害の特徴としては,古くから過活動膀胱に伴う切迫性尿失禁が知られている。Relkinらの診断基準におけるprobable iNPH患者55例を対象に,下部尿路症状をInternational Consultation on Incontinenceが作成した質問票で評価した研究1)では,90.9%が尿漏れを,74.5%が尿失禁を経験していた。もっとも多い過活動膀胱の症状は夜尿で,患者自身にとってもっとも煩わしい症状は切迫性尿失禁であった。

ウロダイナミクス検査では,70%程度の患者で排尿筋過活動が観察され,膀胱容積は約200mLと成人の平均より大幅に小さく,最大尿流速の低下や残尿量の増加も指摘されている1)-3)

48例のiNPH患者でシャント術前後での下部尿路症状を評価した研究では,術前に47例の患者が下部尿路症状を訴え,そのうち41例で訴えが改善したこと,ウロダイナミクス検査でもシャント術後に最大膀胱容積および膀胱コンプライアンスが有意に改善したと報告されている4)

一般的に認知症では機能性尿失禁と切迫性尿失禁が多いといわれているが5),iNPHにおいても過活動膀胱による切迫性尿失禁に機能性尿失禁が影響していると考えられている6)

[文献]
1)Krzastek SC, Bruch WM, Robinson SP, et al: Characterization of lower urinary tract symptoms in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus. Neurourol Urodyn 36: 1167-1173, 2017
2)Campos-Juanatey F, Gutiérrez-Baños JL, Portillo-Martín JA, et al: Assessment of the urodynamic diagnosis in patients with urinary incontinence associated with normal pressure hydrocephalus. Neurourol Urodyn 34: 465-468, 2015
3)Sakakibara R, Kanda T, Sekido T, et al: Mechanism of bladder dysfunction in idiopathic normal pressure hydrocephalus. Neurourol Urodyn 27: 507-510, 2008
4)Aruga S, Kuwana N, Shiroki Y, et al: Effect of cerebrospinal fluid shunt surgery on lower urinary tract dysfunction in idiopathic normal pressure hydrocephalus. Neurourol Urodyn 37: 1053-1059, 2018
5)日本神経学会(監)「認知症疾患診療ガイドライン」作成委員会(編):認知症疾患診療ガイドライン 2017.東京,医学書院,2017
6)Kanemoto H, Kazui H, Suzuki Y, et al: Effect of lumbo-peritoneal shunt surgery on neuropsychiatric symptoms in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus. J Neurol Sci 361: 206-212, 2016
[検索式]
("idiopathic normal pressure hydrocephalus" [mesh] OR "hydrocephalus" [title]) AND (incontinen* [title/abstract] OR urinar* [title/abstract])
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す