(旧版)「Evidenceに基づく日本人脳出血患者の治療ガイドライン策定」/厚生科学研究費補助金 医療技術評価総合研究事業

 
5.高血圧以外の原因による脳出血の治療
 
5-9.腎不全患者の脳出血
 
【推奨】
1.腎不全患者に起こった脳出血における透析方法は血液透析よりも持続腹膜透析が望ましいが、非ヘパリン製剤の使用や血液透析濾過も代替手段となりうる。特に脳浮腫の強い例では、持続的血液透析濾過が勧められる(グレードC1)。
2.透析中の腎不全患者に起こった脳出血では、中等量までの血腫量では保存的治療が勧められる(グレードC1)。
3.血腫量が30〜50mLの被殻出血における定位的血腫除去術の適応は、非透析例と同様に考えてもよい(グレードC1)。
 
【エビデンス】
慢性透析の患者では、年間0.6〜1.0%に脳出血を発症し、健常人に比し5〜10倍の危険性がある1,2,3,4)(IIb)。 通常の脳出血に比較して、血腫はより大きく、死亡率も2倍高い5,6)(IIb)。 持続腹膜透析や持続的血液透析濾過では血液透析より頭蓋内圧への変化が少ない6,7,8)(IIb-III)。
メシル酸ナファモスタットは、ヘパリンに比較して半減期が短いため、全身の凝固時間に及ぼす影響が小さく、出血合併症が少ない9)(III)。 同薬を用いた血液透析濾過により合併症無く定位的血腫吸引術を行えたとする報告もあるが10)(III)、手術例での術後出血の危険性も指摘されている11)(III)。
開頭手術の成績は不良である11)(III)。 被殻出血に対する定位的血腫吸引術では、血腫量が50mL以上での救命は困難であるが、30〜50mLでは非透析例に対する外科手術と比較して死亡率や機能予後に差はないとする報告もある8)(III)。
 
【引用文献】
1)Onoyama K, Kumagai H, Miishima T, Tsuruda H, Tomooka S, Motomura K, et al. Incidence of strokes and its prognosis in patients on maintenance hemodialysis. Jpn Heart J 1986;27:685-691
2)Iseki K, Kinjo K, Kimura Y, Osawa A, Fukiyama K. Evidence for high risk of cerebral hemorrhage in chronic dialysis patients. Kidney Int 1993;44:1086-1090
3)Kawamura M, Fijimoto S, Hisanaga S, Yamamoto Y, Eto T. Incidence, outcome, and risk factors of cerebrovascular events in patients undergoing maintenance hemodialysis. Am J Kidney Dis 1998;31:991-996
4)Iseki K, Fukiyama K. The Okawa Dialysis Study(OKIDS)Group. Clinical demographics and long-term prognosis after stroke in patients on chronic haemodialysis. The Okinawa Dialysis Study(OKIDS)Group. Nephrol Dial Transplant 2000;15:1808-1813
5)Onoyama K, Ibayashi S, Nanishi F, Okuda S, Oh Y, Hirakata H, et al. Cerebral hemorrhage in patients on maintenance hemodialysis. CT analysis of 25 cases. Eur Neurol 1987;26:171-175
6)Krane NK. Intracranial pressure measurement in a patient undergoing hemodialysis and peritoneal dialysis. Am J Kidney Dis 1989;13:336-339
7)北村伸哉, 平澤博之. 腎不全を伴う脳神経外科疾患急性期に対する血液浄化法. 救急医学 1993;17:207-209
8)鶴嶋英夫, 亀崎高夫, 山部日出子, 他. 慢性腎不全患者における被殻出血の検討. 脳神経外科 1988;26:897-901
9)Akizawa T, Koshikawa S, Ota K, Kazama M, Mimura N, Hirasawa Y. Nafamostat mesilate:a regional anticoagulant for hemodialysis in patients at high risk for bleeding. Nephron 1993;64:376-381
10)安森良吉, 渡部純郎, 明石光伸, 他. 維持血液透析患者の脳出血に対しCT定位的血腫吸引術を施行した2症例. 透析会誌 1994;27:123-128
11)権藤学司, 山中祐路, 藤井聡, 他. 腎不全を合併した脳卒中患者の治療戦略. 脳卒中の外科 2000;28:248-253

 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す