ガイドライン

高齢者の安全な薬物療法ガイドライン 2015

<前へ 次へ>
書誌情報

本文

本文はPDFでご覧ください。

編集
日本老年医学会
日本医療研究開発機構研究費・高齢者の薬物治療の安全性に関する研究 研究班


発行年月
2015年12月20日


発行
日本老年医学会

このガイドラインを書籍として購入することができます。
詳細はこちら
 
このガイドラインは、日本医療研究開発機構研究費・高齢者の薬物治療の安全性に関する研究 研究班及び日本老年医学会より許可を得て掲載しています。


目次
作成メンバー
 
ガイドライン改訂にあたって
  目的と経緯
  領域の設定と系統的レビュー
  査読から完成まで
  利益相反(COI)の確認、公開とエビデンスの質および推奨度の決定への配慮
高齢者薬物療法の注意点
  1 薬物有害事象の回避
  2 服薬管理・支援と一元管理
高齢者の処方適正化スクリーニングツール
  「特に慎重な投与を要する薬物」のリスト
  「開始を考慮するべき薬物」のリスト
領域別指針
  1 精神疾患(BPSD、不眠症、うつ病)
  2 神経疾患(認知症、パーキンソン病)
  3 呼吸器疾患(COPD、肺炎)
  4 循環器疾患(抗不整脈薬、抗血栓薬、心不全)
  5 高血圧
  6 腎疾患(腎不全[CKD])
  7 消化器系疾患(便秘、GERD)
  8 糖尿病
  9 脂質異常症
  10 泌尿器疾患(排尿障害[過活動膀胱、前立腺肥大症])
  11 筋骨格疾患(骨粗鬆症、関節リウマチ)
  12 漢方薬・東アジア伝統医薬品
  13 在宅医療
  14 介護施設の医療
  15 薬剤師の役割
このページの先頭へ



<前へ 次へ>
書誌情報