ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
VI:外科治療

 
CQ-27 乳頭部癌切除後の予後因子はどのようなものか?

リンパ節転移の有無,膵浸潤の有無,神経周囲浸潤の有無などがあげられる。


乳頭部癌は胆道癌のなかでも比較的予後良好であるが,消化管の癌に比べるとその予後は不良である。遠隔転移のない症例では治癒切除をめざすことが最も重要であり,乳頭部癌の多くが根治切除可能である。
胆道癌ではリンパ節転移と神経周囲浸潤は重要な進展様式である1)が,とくに,乳頭部癌ではリンパ節転移の有無が予後に大きく影響するとの報告が多い2),3),4),5),6)(レベルIV)。転移程度と予後とは相関がみられていない。また,脈管浸潤が高度な症例は予後不良とされる7)(レベルIV)。胆管癌に比べるとその頻度は低いが神経周囲浸潤も重要な予後因子とする報告もある8)(レベルIV)。
膵浸潤も重要な進展様式であり,膵浸潤陽性例では陰性例に比べ予後不良である8)(レベルIV)。また,肉眼的形態も重要な予後因子とする報告もある3)(レベルIV)が,これらの因子はリンパ節転移と強く相関している。
以上,乳頭部癌においても進展様式を詳細に調べることにより,再発の危険性の高い症例を絞り込むことが可能であり,再発危険率の高い症例では術後の経過観察を厳重にする必要がある。


引用文献
1) Kayahara M, Nagakawa T, Ueno K, Ohta T, Tsukioka Y, Miyazaki I. Surgical strategy for carcinoma of the pancreas head area based on clinicopathologic analysis of nodal involvement and plexus invasion. Surgery. 1995;117:616-23.
2) Shirai Y, Ohtani T, Tsukada K, Hatakeyama K. Patterns of lymphatic spread of carcinoma of the ampulla of Vater. Br J Surg. 1997;84:1012-6.
3) Kayahara M, Nagakawa T, Ohta T, Kitagawa H, Miyazaki I. Surgical strategy for carcinoma of the papilla of Vater based on the lymphatic flow and mode of recurrence. Surgery. 1997;121:611-7.
4) Nagakawa T, Kayahara M, Ikeda S, Futakawa S, Kakita A, Kawarada H, et al. Biliary tract cancer treatment: results from the Biliary Tract Cancer Stastistics Resgistry in Japan. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2002;9:569-75.
5) Mizuno T, Ishizaki Y, Ogura K, Yoshimoto J, Kawasaki S. Clinical significance of immunohistochemically detectable lymph node metastasis in adenocarcinoma of the ampulla of Vater. Br J Surg. 2006;93:221-5.
6) Beger HG, Treitschke F, Gansauge F, Harada N, Hiki N, Mattfeldt T. Tumor of the ampulla of Vater: experience with local or radical resection in 171 consecutively treated patients. Arch Surg. 1999;134:526-32.
7) 木下壽文,原雅雄,児玉孝仁,青柳成明,白水和雄.Vater乳頭部癌の進展様式と予後.消外.2002;25:1797-804.
8) Chan C, Herrera MF, de la Garza L, Quintanilla-Martinez L, Vargas-Vorackova F, Richaud-Patin Y, et al. Clinical behavior and prognsostic factors of periampullary adenocarcinoma. Ann Surg. 1995;222:632-7.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報