ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
V:術前胆道ドレナージ

 
CQ-14 ドレナージ患者において胆汁監視培養は必要か?

胆汁監視培養は周術期における抗菌薬の選択に必要である。(推奨度B


術前に胆道ドレナージを行うと,ほぼ100%の症例で二次的に胆汁感染が発生する1)(レベルIV)。膵頭十二指腸切除を施行した症例について術前胆汁感染の有無と術後感染症との関係を検討した論文では,胆汁感染のある症例において術後感染症(特に創感染や腹腔内感染)の合併する頻度が高く(65% vs 37%),しかも30〜50%の症例で術前と同様の細菌叢が検出されたと報告されている2),3)(レベルIV)。したがって術前の保菌状態を把握しておくことは,周術期における予防的抗菌薬の選択に必要と思われる4),5),6)(レベルIV)。


引用文献
1) 滋野俊.内視鏡的逆行性胆管ドレナージ法(ERBD)と胆汁細菌,第1編:ERBD施行例における胆汁中細菌の検討.Gastroenterol Endosc. 1990;32:334-44.
2) Povoski SP, Karpeh MS Jr, Conlon KC, Blumgart LH, Brennan MF. Preoperative biliary dranage: Impact on intraoperative bile cultures and infections morbidity and mortarity after pancreaticoduodenectomy. J Gastrointest Surg. 1999;3:496-505.
3) Cortes A, Sauvanet A, Bert F, Janny S, Sockeel P, Kianmanesh R, et al. Effect of bile contamination on immediate outcomes after pancreaticoduodenectomy for tumor. J Am Coll Surg. 2006;202:93-9.
4) 坂本和彦,岡田敏正,為佐卓夫,岡正朗.障害肝を背景とする肝切除例における周術期細菌培養.日外感染会誌.2006;3:83-6.
5) 藤井義郎,遠藤格,増成秀樹,齋藤修治,神谷紀之,永野靖彦,他.胆汁培養からみた悪性胆道疾患の術後抗菌薬投与法について.胆道.2001;15:375-80.
6) Hochwald SN, Burke EC, Jarnagin WR, Fong Y, Blumgart LH. Association of preoperative biliary stenting with increased postoperative infectious complications in proximal cholangiocarcinoma. Arch Surg. 1999;134:261-6.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報