ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
IV:診断

 
CQ-5 胆道癌を疑う臨床症状は?

黄疸,右上腹部痛,肝胆道系の血液生化学検査異常などを認めた場合,胆道癌を念頭に置き,検査を行う。(推奨度B


胆管癌の初発症状は90%が黄疸である1),2)(レベルVI)。その他,掻痒感,軽度の上腹部痛,体重減少などが半数以上の症例で認められる1),2),3)(レベルVI)。黄疸をともなわない症例では腹痛44%,発熱17%,食思不振11%,全身倦怠感11%が初発症状として認められるが,無症状症例が27%であったとする報告がある4)(レベルIV)。無黄疸無症状症例では検診や他疾患治療中の肝機能障害を契機に発見されるとの報告があり5)(レベルIV),早期発見は困難である。
胆嚢癌の最も多い臨床症状は右上腹部痛で79〜89%6),7),8)に認められる。ついで悪心嘔吐が52〜53%6),7),その他,体重減少,黄疸,食思不振,腹部膨満感,掻痒感,黒色便があげられる6)(レベルIV)。これらの症例の中には胆嚢結石症や膵・胆管合流異常の合併症例も多く,そのために生じた諸症状であることも否めない。したがって,上記諸症状は胆嚢癌に起因する特異的な症状とはいい難い。一方,無症状で発見された症例は32〜38%9),10)とする報告があり(レベルIV),その場合の発見動機として,検診時の異常,他疾患治療時の全身検索などがあげられる。
乳頭部癌の臨床症状としては黄疸,発熱,腹痛が多く,ついで全身倦怠感,体重減少,食思不振,背部痛などである。黄疸は72〜90%11),12),13)(レベルIV,VI)に認められると報告されており,黄疸が変動することもあるのが特徴である11)(レベルVI)。発熱44〜56%12),14)(レベルIV),腹痛は35〜45%12),13)(レベルIV)との報告がある。


引用文献
1) Thuluvath PJ, Rai R, Venbrux AC, Yeo CJ. Cholangiocarcinoma: a review. Gastroenterologist. 1997;5:306-15.
2) Yeo CJ, Pitt HA, Cameron JL. Cholangiocarcinoma. Surg Clin North Am. 1990;70:1429-47.
3) Lazaridis KN, Gores GJ. Cholangiocarcinoma. Gastroenterology. 2005;128:1655-67.
4) Sugiyama M, Atomi Y, Kuroda A, Muto T. Bile duct carcinoma without jaundice: clues to early diagnosis. Hepato-Gastroenterol. 1997;44:1477-83.
5) 黒木嘉人,小田切春洋,坂本隆,塚田一博.無黄疸で発見された粘膜内胆管癌の1例.日消外会誌.1999;32:1217-21.
6) Wanebo HJ, Castle WN, Fechner RE. Is carcinoma of the gallbladder a curable lesion? Ann Surg. 1982;195:624-31.
7) Malik IA. Clinicopathological features and management of gallbladder cancer in Pakistan: A prospective study of 233 cases. J Gastroen Hepatol. 2003;18:950-3.
8) Al-Quadah MS, Daradkeh S, Sroujieh AS, Farah GR, Masaad J. Gallbladder carcinoma in Jordan. Hepatogastroenterology. 2005;61:5-7.
9) 乾和郎,中澤三郎,芳野純治,山雄健次,山近仁,岸克彦,他.早期胆嚢癌―診断の立場から.胆と膵.1990;11:1121-7.
10) 松本由朗,茂垣雅俊,三浦和夫,飯塚秀彦,山本正之,菅原克彦,他.胆嚢癌の臨床的検討―特に膵胆管合流異常との関係について―.山梨医大誌.1989;4:73-81.
11) Trede M. Periampullary and pancreatic cancer. In: Blumgart LH, eds. Surgery of the Liver and Biliary Tract, 2nd edn. New York: Churchill Livingstone, 1994:997-1008.
12) 渋江正,永井志郎,田中啓三,松元淳,高崎能久,末川清康,他.早期乳頭部癌の臨床的検討―診断の立場から―.胆と膵.1990;11:1141-1146.
13) Dijkum EJMN, Terwee CB, Oosterveld P, Meulen JHP, Gouma DJ, Haes JCJM. Validation of the gastrointestinal quality of life index for patients with potentially operable periampullary carcinoma. Br J Surg. 2000;87:110-5.
14) Kamisawa T, Tu Y, Egawa N, Nakajima H, Horiguchi S, Tsuruta K, et al. Clinicopathologic features of ampullary carcinoma without jaundice. J Clin Gastroenterol 2006;40:162-6.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報