ガイドライン

(旧版)食道癌診断・治療ガイドライン 2007年4月版

書誌情報
食道癌治療ガイドライン作成にあたり(初版序)

 
食道癌の治療ガイドライン作成委員会
委員長
 杉町  圭蔵

診断技術の向上により,早期食道癌が発見される機会が多くなり,内視鏡的粘膜切除術の適応となるような症例が増加してきた。一方,外科治療における広範なリンパ節郭清や周術期管理の進歩は,食道癌全体の治療成績の向上をもたらしたが,最近では体腔鏡を用いた低侵襲手術など,患者のQOL向上を目指した工夫もなされている。
放射線・化学療法は胃癌・大腸癌に比較して有効例が多く,積極的に施行している施設は多いが,まったく無効な例も決して少なくない。各進行度に応じた治療法が多様化し,治療の選択肢が増した反面,その治療は医師個人の臨床経験,あるいは施設としての方針に委ねられているのが現状である。数多い治療法のなかで,各患者に対して最良の治療法を選択するためには,EBM(Evidence Based Medicine)を重視した治療指針を示すことが肝要である。
今回,食道癌の日常の診療に役立てることを目的に,多くの施設に共通して使用できる標準的な食道癌治療ガイドラインを作成した。本ガイドラインは,現時点で最も妥当と考えられる食道癌の標準的な治療法として推奨するものである。しかし,食道癌患者は一般的に高齢者が多く,心・肺・肝・腎などの他臓器の機能障害を有していたり,手術を拒否される場合もあり,患者本人の治療に対する取り組み方が異なる場合も多く,画一的な治療ガイドラインを作成することは困難である。したがって,個々の症例によってはこのガイドラインと異なる治療が必要な場合もあり,このガイドラインによって各症例毎の治療法を規制するものでは決してない。

2002年12月


食道癌の治療ガイドライン作成委員会
 
委員長 杉町   圭蔵    九州中央病院
委員 安藤   暢敏 東京歯科大学市川総合病院外科
  井手   博子 東京女子医科大学消化器外科
  桑野   博行 群馬大学第一外科
  佐藤   博信 日本大学第三外科
  鶴丸   昌彦 順天堂大学第一外科
  西尾   正道 国立札幌病院・北海道地方がんセンター放射線科
  吉田      操 都立墨東病院外科
(五十音順)
 

書誌情報