ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第6章 薬物療法

 
CQ1  根治術後に抗アンドロゲン剤を投与することは必要か?

推奨グレード B
海外で行われた限局性または局所進行性前立腺癌に対する臨床試験では,Time to progressionにおいて有効性が示唆されているが,生命予後の改善を認めるかどうかについては結論を得られていない。

 背 景
限局癌または局所進行前立腺癌患者に対する根治療法(前立腺全摘除術あるいは根治的放射線療法)後に術後補助療法として投与される抗アンドロゲン剤の効果を評価検証する。

 解 説
Bicalutamideの術後投与により,PSA再燃のリスクを減少させるという報告1),2)(II)や,非再発生存期間の改善を認めた報告3)(II)があり,goserelinにより非再発生存期間の延長を認めたというレビュー4)(II)もあるが,本邦でのフォローアップ研究においては術直後に内分泌療法を開始した症例と経過観察した症例では再発までの期間に有意な差を認めなかったという報告5)(III)もある。現時点ではコンセンサスは得られていないが,今後長期成績で,生命予後の改善が示される可能性はある。有害事象も含めた有用性の評価が必要である。


 参考文献
1) Wirth M, et al:Bicalutamide(Casodex)150 mg as immediate therapy in patients with localized or locally advanced prostate cancer significantly reduces the risk of disease progression. Urology. 2001;58:146-51.
2) See W, Iversen P, Wirth M, et al. Immediate treatment with bicalutamide 150 mg as adjuvant therapy significantly reduces the risk of PSA progression in early prostate cancer. Eur Urol. 2003;44(5):512-7;discussion 517-8.
3) Iversen P, Johansson JE, Lodding P, et al. Scandinavian Prostatic Cancer Group . Bicalutamide(150 mg)versus placebo as immediate therapy alone or as adjuvant to therapy with curative intent for early nonmetastatic prostate cancer:5. 3-year median followup from the Scandinavian Prostate Cancer Group Study Number 6. J Urol. 2004;172(5):1871-6.
4) Akaza H. Adjuvant goserelin improves clinical disease-free survival and reduces disease-related mortality in patients with locally advanced or localized prostate cancer. BJU Int. 2004;93(1):42-6.
5) Hachiya T, Minei S, Hirano D, et al. Adjuvant hormone therapy in patients with positive surgical margins after radical prostatectomy. Nippon Hinyokika Gakkai Zasshi. 2002;93(3):469-75.

 

書誌情報