ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第3章 治療総論

 
7 各治療法の適応基準


(1)  T1aN0M0
(2) T1b-2N0M0
(3) T3N0M0
(4) T4N0M0,もしくはN1もしくはM1



(1)T1aN0M0

1)T1aN0M0,Gleason≦6
T1aの癌の多くが高分化型で前立腺に限局しており,大半がPSA監視療法以外に特に治療を必要としない。しかし,このような集団においても患者の年齢が低くなると(50〜60歳)期待生存期間が長くなるため,前立腺全摘除術や放射線療法等の根治療法を検討する必要がある。

2)T1aN0M0,Gleason≧7
PSA監視療法は選択肢の一つであるが患者の年齢が期待余命で15年以上ある場合には根治療法を考慮してもよい。

ページの先頭へ戻る

(2)T1b-2N0M0

1)T1b-2N0M0,Gleason≦6,PSA≦20ng/ml
根治療法(前立腺全摘除術,放射線療法)およびPSA監視療法が選択肢になる。いずれの場合でも治療開始時で期待余命が10〜15年以上望める場合には根治療法として前立腺全摘除術もしくは放射線療法が,期待余命が10年以下の場合には内分泌療法や放射線療法が選ばれる。

2)T1b-2N0M0,Gleason≧7,PSA≦20ng/ml
Gleason 8以上の限局性前立腺癌に対してPSA監視療法は不適である。期待余命が10〜15年以上望める場合には根治療法(前立腺全摘除術,放射線療法)を考慮した方がよい。ただし低分化型局所前立腺癌において根治療法が生存率に関し有意に良好であることを示した論文はない。

3)T1b-2N0M0,PSA≧20ng/ml
PSAの値のみで治療方針を決めることはできないが20ng/mlを超えるとほとんどの論文でPSA監視療法は対象外である。画像上T1b-2N0M0であってもPSAが20ng/mlを超える場合にはそれ以上の病期(特にT3)である可能性が高いため手術の適応にあたっては慎重に考慮する。特にPSAが100ng/mlを超える場合にはほとんどの症例で遠隔転移が存在すると言われているため根治療法のみで制御することは難しく,かりに根治療法を行ったとしてもその後内分泌療法が必要となる確率は極めて高い。

ページの先頭へ戻る

(3)T3N0M0

画像上,もしくはDREにて明らかにT3と診断される場合の前立腺全摘除術の適応は切除断端,リンパ節への微小転移等の観点から一般的には難しく特にT3b(精嚢浸潤)の症例の成績は不良である。しかしながらT3症例でも手術により根治できる症例があることも事実であることから期待余命が10年以上望める場合には選択肢の一つとはなりうる。ただしこれらの症例については近年内分泌療法を併用した放射線治療の良好な成績が報告されているため今後のさらなる検討が期待される。

ページの先頭へ戻る

(4)T4N0M0,もしくはN1もしくはM1

これらの進行性前立腺癌では局所療法では制御不能であるため期待余命に関わらず内分泌療法の適応となる。

 

書誌情報