ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第3章 治療総論


5 薬物療法

(3)再燃癌に対する薬物療法

再燃癌と判断された場合でも抗アンドロゲン剤のみを中止することで一過性に病勢の低下を認めることがある(anti-androgen withdrawal syndrome)。抗アンドロゲン剤のみの中止,あるいはhydrocortisoneなどの組み合わせにより14-60%にPSAの低下および0-25%に臨床的効果が得られる。しかし,PSA低下効果は通常2〜4カ月であると報告されている。
内分泌療法再燃癌に対する抗癌剤単剤あるいは多剤併用療法による化学療法が試みられており,単独療法に用いられる薬剤としては,estramustine phosphate,CPA,fluor-ouracil(FU),ETP,などがある。しかし,今まで無作為化比較試験によって明らかな生存期間の延長が認められたものはなかった。最近,docetaxel(DXL)とステロイド15)(II)あるいはestramustine phosphateとの併用療法16)(II)がmitoxantroneとステロイドの併用に比べて有意に生存率が改善したと報告された。なお,現在我国ではestramustine phosphateとFUが前立腺癌に対して保険適応となっているが,他の薬剤は認可されていない。

 

書誌情報