ガイドライン

(旧版)エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン ―難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班 プロジェクト研究グループ

書誌情報
 
推奨ステートメントと解説


8.潰瘍性大腸炎の経過と大腸がんサーベイランス

8.1 潰瘍性大腸炎患者の生命予後1,2)

UC患者にはほぼ正常な生存期間が期待できる:推奨グレードA(IIIa・8)

解説: UC患者と一般人口の死亡率に有意の差がないことが知られており、本疾患の生命予後は比較的良好であるといえる。若年で発症し緩解・再燃を繰り返して一生涯続くことを考えれば、できる限り緩解を保ちながら快適な生活を維持できるようにすることが治療目標であろう。

 

書誌情報