ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第4章 化学療法・放射線治療


第2節 放射線治療

CQ38 肝内腫瘍に対する放射線治療は推奨されるか?

推 奨
他の治療法が適応とならない病態に対しては,3次元照射による放射線治療を検討してよいが,十分な科学的根拠はない。
(グレードC1)
また,放射線治療の分割方法や総線量について科学的根拠がある推奨はない。

■サイエンティフィックステートメント
放射線治療の適応そのものを検討する報告はなかったため,肝細胞癌に対する3次元放射線治療を検討した論文における対象症例選択から検討を行った。これらの報告における対象症例の選択基準は大きく2つに分けられた。一つは門脈腫瘍栓症例を対象とした報告,もう一つは切除不能症例を対象とした報告であり,後者の一部では切除不能の理由に門脈腫瘍栓が含まれているものもあった。肝細胞癌の進行度や肝機能,他治療の併用の有無などに関する症例の組み込み基準が報告によって異なっていた。さらには,放射線治療の分割方法や総線量も報告ごとに異なっていた。前向き研究として行われた門脈腫瘍栓症例に対する治療成績の4報告(LF105841) Level 4,LF108242) Level 4,LF111003) Level 4,LF117084) Level 4)では,奏効率は50〜80.5%,1年生存率は25〜40.6%と報告されている。報告によっては,奏効例では非奏効例と比較して生存率に有意な改善がみられたと結論づけている(LF108242) Level 4,LF114025) Level 4,LF117076) Level 4)。全身状態の悪化により予定していた治療が完遂できず,脱落例の多い報告(LF117076) Level 4,LF111003) Level 4)がみられた。腫瘍の増大や全身状態の悪化が脱落原因として記載されていたが,放射線治療の有害事象による可能性も否定はできない。ただし,これらも含めたいずれの報告でも,放射線治療は安全に行えると結論している。
また,定位放射線治療や粒子線治療(陽子線治療・重粒子線治療)の報告も複数みられる(LF114707) Level 4,LF110868) Level 4,LF112799) Level 4,LF1064610) Level 4,LF1135311) Level 4)。十分な長期成績はまだ明らかにはなっていないが,局所制御率は2〜5年で81〜100%と報告されている。Romeroらの報告(LF110868) Level 4)では原発性肝癌に対する定位放射線治療で8例中1例が肝不全で死亡し,Kawashimaらの報告(LF1064610) Level 4)では,切除不能かつアブレーション治療適応外の陽子線治療施行30例中8例で治療後に肝不全を認め,うち4例は無再発で6〜9カ月後に死亡したと報告している。いずれの報告も,肝機能低下例で有害事象リスクが高い可能性があることを指摘する一方で,適切な患者選択がなされれば安全に治療が可能であると結論している。

■解 説
エビデンスレベルの高い報告はみられず,対照群を伴わない phaseI/II相当の前向き試験もしくは後ろ向き研究の結果が大半であった。放射線治療領域における近年の放射線集中技術の進歩により従来は行われなかった肝臓への放射線照射が行われるようになりつつあり,高度肝機能低下例に対する肝臓への照射は危険であるという共通認識はあるものの,安全に治療可能な症例の選択基準や肝臓の耐容線量についてのデータは十分な蓄積がなく,長期成績の蓄積も不十分である。このため,科学的根拠は十分ではないとした。

■参考文献
1) LF10584 Yamada K, Izaki K, Sugimoto K, Mayahara H, Morita Y, Yoden E, et al. Prospective trial of combined transcatheter arterial chemoembolization and three-dimensional conformal radiotherapy for portal vein tumor thrombus in patients with unresectable hepatocellular carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2003;57(1):113-9.
2) LF10824 Lin CS, Jen YM, Chiu SY, Hwang JM, Chao HL, Lin HY, et al. Treatment of portal vein tumor thrombosis of hepatoma patients with either stereotactic radiotherapy or three-dimensional conformal radiotherapy. Jpn J Clin Oncol 2006;36(4):212-7.
3) LF11100 Ishikura S, Ogino T, Furuse J, Satake M, Baba S, Kawashima M, et al. Radiotherapy after transcatheter arterial chemoembolization for patients with hepatocellular carcinoma and portal vein tumor thrombus. Am J Clin Oncol 2002;25(2):189-93.
4) LF11708 Huang CJ, Lian SL, Chen SC, Wu DK, Wei SY, Huang MY, et al. External beam radiation therapy for inoperable hepatocellular carcinoma with portal vein thrombosis. Kaohsiung J Med Sci 2001;17(12):610-4.
5) LF11402 Tazawa J, Maeda M, Sakai Y, Yamane M, Ohbayashi H, Kakinuma S, et al. Radiation therapy in combination with transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma with extensive portal vein involvement. J Gastroenterol Hepatol 2001;16(6):660-5.
6) LF11707 Kim DY, Park W, Lim DH, Lee JH, Yoo BC, Paik SW, et al. Three-dimensional conformal radiotherapy for portal vein thrombosis of hepatocellular carcinoma. Cancer 2005;103(11):2419-26.
7) LF11470 Choi BO, Jang HS, Kang KM, Lee SW, Kang YN, Chai GY, et al. Fractionated stereotactic radiotherapy in patients with primary hepatocellular carcinoma. Jpn J Clin Oncol 2006;36(3):154-8.
8) LF11086 Mendez Romero A, Wunderink W, Hussain SM, De Pooter JA, Heijmen BJ, Nowak PC, et al. Stereotactic body radiation therapy for primary and metastatic liver tumors:A single institution phase i-ii study. Acta Oncol 2006;45(7):831-7.
9) LF11279 Bush DA, Hillebrand DJ, Slater JM, Slater JD. High-dose proton beam radiotherapy of hepatocellular carcinoma:preliminary results of a phaseII trial. Gastroenterology 2004;127(5 Suppl 1):S189-93.
10) LF10646 Kawashima M, Furuse J, Nishio T, Konishi M, Ishii H, Kinoshita T, et al. PhaseII study of radiotherapy employing proton beam for hepatocellular carcinoma. J Clin Oncol 2005;23(9):1839-46.
11) LF11353 Kato H, Tsujii H, Miyamoto T, Mizoe JE, Kamada T, Tsuji H, et al. Results of the first prospective study of carbon ion radiotherapy for hepatocellular carcinoma with liver cirrhosis. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2004;59(5):1468-76.

 

書誌情報