ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第3章 手術


第3節 周術期管理

CQ24 肝切除術において術中出血量を減少させるにはどうするか?

推 奨
肝流入血流遮断は有効である。
(グレードA)

CVP圧を低下させることは有用である。
(グレードC1)

■サイエンティフィックステートメント
Manらは,連続した100人の肝切除患者をランダムに間欠的肝流入血流遮断法のありとなしの群に分け,前者で有意に術中出血量の減少を確認した(LF004341),Level 1b)。また,片葉阻血法の有効性を示す報告がある(LF018622),Level 2b)。
肝切除術中のCVP圧が5cm水柱以上群と以下群を比較すると前者に出血量,輸血量が有意に多かったと報告されている(LF071563) Level 3)。CVPを5cm水柱以下に低下させることは有意に肝切除の際の出血量を減少させ,それに伴う合併症も認めないとの報告もある(LF071574) Level 3)。また,術中出血量を減少させ,同種輸血を回避する方法としてisovolemic hemodilutionを推奨する報告があるが,脱血などの処置を伴うため安全性についての詳細な検討とその有効性の一層の検討が必要である(LF071595) Level 3,LF071556) Level 3)。

■解 説
肝切除中の出血を減少させるために間欠的肝流入血流遮断(プリングル法)が広く行われている。本法の臨床における安全性も認められている。切除部位が片葉内に限局されるときは片葉阻血法が勧められる。
肝切除術中の出血の多くは肝静脈由来である。したがって,下大静脈の中心静脈圧を下げることには妥当性があるが,CVPを低下させる方法および安全性に対する検討も今後必要となる。isovolemic hemodilutionは大量出血が予想される手術で同種輸血を回避する有効な手段であるが,血液の希釈や脱血などの複雑な操作が必要であることが欠点である。

■参考文献
1) LF00434 Man K, Fan ST, Ng IO, Lo CM, Liu CL, Wong J. Prospective evaluation of Pringle maneuver in hepatectomy for liver tumors by a randomized study. Ann Surg 1997;226(6):704-11.
2) LF01862 Makuuchi M, Mori T, Gunven P, Yamazaki S, Hasegawa H. Safety of hemihepatic vascular occlusion during resection of the liver. Surg Gynecol Obstet 1987;164(2):155-8.
3) LF07156 Jones RM, Moulton CE, Hardy KJ. Central venous pressure and its effect on blood loss during liver resection. Br J Surg 1998;85(8):1058-60.
4) LF07157 Melendez JA, Arslan V, Fischer ME, Wuest D, Jarnagin WR, Fong Y, et al. Perioperative outcomes of major hepatic resections under low central venous pressure anesthesia:blood loss, blood transfusion, and the risk of postoperative renal dysfunction. J Am Coll Surg 1998;187(6):620-5.
5) LF07159 Chen H, Sitzmann JV, Marcucci C, Choti MA. Acute isovolemic hemodilution during major hepatic resection-an initial report:Does it safely reduce the blood transfusion requirement? J Gastrointest Surg 1997;1(5):461-6.
6) LF07155 Johnson LB, Plotkin JS, Kuo PC. Reduced transfusion requirements during major hepatic resection with use of intraoperative isovolemic hemodilution. Am J Surg 1998;176(6):608-11.

 

書誌情報