ガイドライン

(旧版) 肝癌診療ガイドライン2009年版

書誌情報
 
第3章 手術


第1節 手術適応・術式・再発補助療法

CQ18 非硬変肝細胞癌に対し,肝切除範囲はどのように決定すべきか?

推 奨
治癒切除が可能であれば必ずしも拡大切除は必要とせず,肝機能と腫瘍の進展に応じて部分切除でも十分である。
(グレードB)

■サイエンティフィックステートメント
非硬変肝細胞癌を対象に広範囲肝切除と小肝切除を比較した論文(LF002651) Level 2b)では両者の出血量,合併症,生存率,無再発生存率に差は認められない。硬変肝を含めた検討(LF008852) Level 2b),さらに肝硬変合併肝細胞癌のみを対象とした検討(LF009923) Level 2a)でも両者の術後生存に差は認められない。

■解 説
10cm以下の非硬変肝細胞癌を対象に広範囲肝切除(two Couinaud's segments 以上;n=25)とそれ以下の小肝切除(two Couinaud's segments 未満;n=33)を比較した論文(LF002651) Level 2b)では両者の出血量,合併症,生存率,無再発生存率に差は認められず,切除術式による予後改善への寄与は少ないものと考えられる。また非硬変肝細胞癌254例を対象とした論文(LF116474) Level 2b)でも広範囲肝切除(three Couinaud's segments以上)と小肝切除(two Couinaud's segments以下)で術後成績に差は認められず,硬変肝を含めた5cm以下の肝細胞癌を対象とした検討(LF008852) Level 2b)でも術式(lobectomy;n=43 vs. limited resection;n=89)による術後生存への影響は認められない。肝硬変合併肝細胞癌のみを対象とした検討(LF009923) Level 2a)でも死亡率,術後生存に差は認められなかった。以上の観点から現時点では非硬変肝,硬変肝にかかわらず肝細胞癌に対する拡大切除の意義は少なく,肝機能,腫瘍径を考慮したうえで治癒切除が可能であれば小範囲切除が妥当と考えられる。
ただし,これまでの報告はすべて retrospective study であり,術式の選択についてprospective study の報告はない。また報告により対象症例の背景(肝機能,腫瘍進展など)や術式に差がみられる。

■参考文献
1) LF00265 Nagasue N, Yamanoi A, el-Assal ON, Ohmori H, Tachibana M, Kimoto T, et al. Major compared with limited hepatic resection for hepatocellular carcinoma without underlying cirrhosis:a retrospective analysis. Eur J Surg 1999;165(7):638-46.
2) LF00885 Tang ZY, Yu YQ, Zhou XD, Ma ZC, Yang R, Lu JZ, et al. Surgery of small hepatocellular carcinoma. Analysis of 144 cases. Cancer 1989;64(2):536-41.
3) LF00992 Kanematsu T, Takenaka K, Satsumata T, Furuta T, Sugimachi K, Inokuchi K. Limited hepatic resection effective for selected cirrhotic patients with primary liver cancer. Ann Surg 1984;199(1):51-6.
4) LF11647 Chen MF, Tsai HP, Jeng LB, Lee WC, Yeh CN, Yu MC, et al. Prognostic factors after resection for hepatocellular carcinoma in noncirrhotic livers:univariate and multivariate analysis. World J Surg 2003;27(4):443-7.

 

書誌情報