ガイドライン

(旧版)EBMに基づく 胃潰瘍診療ガイドライン 第2版 −H. pylori二次除菌保険適用対応−

書誌情報
第2部 胃潰瘍診療ガイドライン―解説―

 
7.NSAID潰瘍
7-1治療

1)ガイドラインによる診療指針

非ステロイド消炎鎮痛薬(NSAID)は可能ならば中止し通常の潰瘍治療を行う。NSAIDの中止が不可能ならばプロトンポンプ阻害薬(PPI)あるいはプロスタグランジン(PG)製剤により治療を行う。
NSAID継続下での再発の防止には,PPI,PG製剤あるいは高用量のH2受容体拮抗薬(H2RA)が有効である。


【参照】
第2部 胃潰瘍診療ガイドライン―解説― 6.維持療法 3)対象

 

書誌情報