脳卒中 Minds版やさしい解説

脳卒中とは?


「脳卒中」は一般的ないい方で、正式な医学用語では脳血管障害と呼ばれます。

思考や感情を含め、私たちが生きていくためのからだのすべての活動をつかさどる脳には、下の図のようにすみずみまで血管〔動脈〕が行き渡っています。これらの血管を流れる血液によって、脳に必要な栄養や酸素が届けられています。

脳血管の構造


脳血管障害は、これらの脳の動脈が詰まったり破れたりして、脳の組織に栄養や酸素が十分に行き届かずに障害を起こし、その結果、手や足の運動麻痺や感覚鈍麻、ろれつが回らなくなる、頭痛、意識の低下などの症状が出てくる病気です。その症状の程度、残される障害は、詰まったり破れたりした脳の場所や程度によりさまざまです。

脳卒中は、何かにあたったように突然に倒れるといった症状が見られることから、日本の一部の地域では昔から「あたる」と呼ばれて恐れられてきました。

しかし、脳血管障害はそのように突然の発作として現れることばかりでなく、後に述べるように、はじめはそれと分からないようなゆっくりした症状で始まることもあり注意が必要です。また、中には脳のMRIなどの検査で、脳の血管が詰まったり、少し切れたりしていたことが偶然に見つかることもあり、これは無症候性脳血管障害〔無症候性脳梗塞・無症候性脳出血・未破裂脳動脈瘤(みはれつのうどうみゃくりゅう)など〕とされ、その場合、必ずしも治療が必要でない場合もあります。




◆脳卒中〔脳血管障害〕の患者数
かつて国民病といわれた脳卒中〔脳血管障害〕は、昭和26年から55年まで、日本人の死亡原因の第1位でした。しかし、現在は、がんや心臓の病気、肺炎に次ぐ第4位となっています*1

しかし発症する患者さんの数は必ずしも減っておらず、平成23年の調査では、
123万5,000人ほどとされています*2。

これは、主として、脳卒中の治療が格段に進歩し、脳卒中発作直後には亡くなる患者さんが減ったため、あるいは比較的軽症の患者さんが増えたためと考えられますが、一方、高い要介護度の患者さんの原因となった病気の第1位となっており*3、現在も日本人にとって重要な病気の1つであることに変わりありません。


出典 : 厚生労働省 平成25年国民生活基礎調査
「要介護度別にみた介護が必要になった主な原因の構成割合」より作成
*1厚生労働省:平成24年(2012)人口動態統計(確定数)の概況「死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(人口10万対)」
*2厚生労働省:平成23年(2011)患者調査 総患者数(調査日現在において、継続的に医療を受けている人の数)
*3厚生労働省:平成25年(2013)国民生活基礎調査
◆脳卒中〔脳血管障害〕の分類
脳卒中にはいくつかのタイプがあります。


大きく分けると、脳の血管が詰まったり血流が悪くなるタイプの脳梗塞(のうこうそく)と、破れるタイプの脳出血〔脳の内部で出血〕、脳の表面でくも膜と軟膜の間に出血するくも膜下出血の3つに分類されます。

脳梗塞はさらに、心臓の中にできた血栓(けっせん)〔血のかたまり〕がはがれ、脳まで流れてきて動脈を詰まらせる心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう)、脳内や頸の太い動脈が詰まるアテローム血栓性梗塞(けっせんせいこうそく)、細い動脈が詰まるラクナ梗塞(こうそく)、に分けられます。                     



以下のグラフのように、脳卒中のうち、現在の日本で最も患者さんが多いのは脳梗塞です。
出典 : 厚生労働省 平成23年患者調査「脳血管障害の分類患者数」より作成

それぞれのタイプについては、あとで詳しく述べていきます。


 

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す