Mindsフォーラム2019
「おまかせ」しない医療に向けて: 患者と医療者は何をシェアしていくべきか?
 日本は超高齢化社会、人生100年時代を迎え、多くの方が病気と向き合いながら日常生活を送っています。そのような中で、自分らしい豊かな人生を送るためには、病気との付き合い方を考える必要があります。そのためには、患者は何を優先したいのか自らの価値観を明確にし、病気に関する正しい知識を身に付け、医療者との対話を踏まえた上で、覚悟を持って治療方針を決断していくことが望ましいと考えます。
 このような医療を実現するにはどうしたらよいか。ともに考え、共有するために、一般の方も対象とした、Mindsフォーラムを企画しました。『「おまかせ」しない医療』について、聴衆の皆様と対話を重ねる機会にしたく、ぜひご参加くださいますようお願いいたします。
日時: 2019年1月12日(土) 13:00~16:00 ※12:00受付開始
会場: 日本医療機能評価機構9階ホール
(東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル)
定員: 120名(先着順、定員になり次第締め切ります)
※講演の内容は後日、動画で配信する予定です。
会費: 無料
申込:
受付を終了しました


※会場は敷地内全て禁煙です。
※本フォーラムの内容や様子をウェブ上で公開するために、会場内での写真および動画撮影を予定しています。来場者の顔を故意に撮影することはありませんが、写真や動画内に写りこむ可能性があります。

プログラム(予定)敬称略
講演1
なぜ医療は“おまかせ”できないのか?
田代 志門
国立がん研究センター
講演2
医療における科学的根拠とは何か?
福岡 敏雄
日本医療機能評価機構
講演3
決断の際に、患者の『知りたいこと』や『かなえたいこと』がないがしろにされないためには?
豊田 郁子
NPO 法人「架け橋」
講演4
“後悔”はどこからやってくるのか?
丹野 清美
立教大学
講演5
あいまいなものを、あいまいなままにしておくことは悪いことか?
名郷 直樹
武蔵国分寺公園クリニック
<事例提示>
講演6
『患者にとっての最善の決断』は何からできているのか?
尾藤 誠司
東京医療センター
自由討論・質疑応答
※プログラムは変更の可能性があります。ご了承ください。




○お問い合わせ先
公益財団法人 日本医療機能評価機構
EBM医療情報部 (Minds事務局)
受付時間: 9:30-17:45(土日祝日を除く)
TEL: 03-5217-2325
FAX: 03-5217-2330
E-mail: forum_seminar@minds4.jcqhc.or.jp

※本フォーラムのチラシをダウンロードできます。ご自由にお使いください。
(2018年11月9日 チラシを修正いたしました)

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す