ガイドライン

溶血性尿毒症症候群の診断・治療ガイドライン

<前へ 次へ>
書誌情報
本文は外部サイトでご覧ください。
編集
溶血性尿毒症症候群の診断・治療ガイドライン作成班


発行年月日
2014年4月20日


発行
東京医学社

※このガイドラインは、日本小児科腎臓病学会,
 東京医学社より許可を得て掲載しています。


目次
前付
    溶血性尿毒症症候群の診断・治療ガイドライン作成班班員
    溶血性尿毒症症候群の診断・治療ガイドライン 査読委員
    本ガイドライン作成班班員の利益相反事項の開示について
    はじめに
    本ガイドラインの作成について
    ステートメントのまとめ
Ⅰ.腸管出血性大腸菌(EHEC)感染症の診断・治療
    Ⅰ-1   腸管出血性大腸菌感染症の診断
        1.腸管出血性大腸菌感染症とは(定義)
        2.感染源となる食材
        3.症状
        4.HUS の起因菌としてのEHEC
        5.診断
    Ⅰ-2   EHEC 感染症の治療
        1 抗菌薬
        2 止痢薬
        3 EHEC 感染症患者に対する病院内での感染対策
Ⅱ.溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断
    Ⅱ-1   HUS の診断
        1.溶血性尿毒症症候群(HUS)の症状と診断
        2.HUS の重症化因子について
    Ⅱ-2   急性腎傷害の評価
        1.HUS における急性腎傷害:疫学と病態生理
        2.AKI の危険因子
        3.AKI のステージ分類と透析療法の導入
    Ⅱ-3   脳症の診断
        1.EHEC 感染症における中枢神経症状とHUS
        2.EHEC 感染症による脳症
        3.EHEC 感染症による脳梗塞
    Ⅱ-4   急性期の腎外合併症(脳症を除く)
        1 高血圧
        2 消化管合併症
        3 糖尿病
        4 循環器系合併症
Ⅲ.HUS の治療
    Ⅲ-1   輸液・輸血療法
        1 輸液管理
        2 輸血
    Ⅲ-2   降圧療法
    Ⅲ-3   透析療法
        1 透析開始基準
        2 透析方法の選択
    Ⅲ-4   血漿交換療法
    Ⅲ-5   抗凝固療法
    Ⅲ-6   EHEC 感染症による脳症の治療
        1 EHEC 感染症による脳症の支持療法
        1.EHEC 感染症による脳症の治療において考慮すべき事項
        2.EHEC 感染症による脳症の支持療法
        3.回復期以降のフォローアップ
        2 EHEC 感染症による脳症の特異的治療
Ⅳ.HUS の後遺症
    Ⅳ-1   HUS の腎後遺症
        1.HUS の腎後遺症
        2.腎機能予後の予測因子と経過観察
    Ⅳ-2   HUS の腎外後遺症
        1.消化管後遺症
        2.糖尿病
        3.神経学的後遺症
        4.認知行動障害
        5.循環器系後遺症
Ⅴ.成人のHUS の診断・治療
    Ⅴ-1   成人のHUS の診断・治療
        1 成人のHUS の診断
        2 成人のHUS の治療
    Ⅴ-2   EHEC 感染症による成人のHUS の診断・治療
        1 EHEC 感染症による成人のHUS の臨床的特徴
        2 EHEC 感染症による成人のHUS に対する治療
Ⅵ.非典型HUS(aHUS)の診断・治療
    Ⅵ-1   非典型HUS(aHUS)の診断
    Ⅵ-2   非典型HUS(aHUS)の治療
索引
このページの先頭へ
<前へ 次へ>
書誌情報