ガイドライン

腰痛診療ガイドライン 2012

<前へ 次へ>
書誌情報
腰痛診療ガイドライン 2012
本文は 各章ごとのPDFでご覧ください。

監修
日本整形外科学会日本腰痛学会


編集
日本整形外科学会診療ガイドライン委員会
腰痛診療ガイドライン策定委員会


発行年月日
2012年11月5日


発行
南江堂

このガイドラインを書籍として購入することができます。
詳細はこちら

※このガイドラインは、日本整形外科学会、日本腰痛学会 、南江堂より許可を得て掲載しています。

目次
前付
  診療ガイドライン策定組織
  日本整形外科学会診療ガイドライン策定にあたって
  運動器疾患ガイドライン策定の基本方針
  序 文
  目 次
前文
  1. はじめに
2. 診療ガイドラインの作成手順
  2.1. 作成のための基本理念
  2.2. 章立てとクリニカルクエスチョン
  2.3. 文献の検索と選択,内容の記載
  2.4. エビデンスレベルと推奨度の決定
3. おわりに
第1章 定義
  CQ 1. 腰痛はどのように定義されるか
第2章 疫学
  CQ 2. 腰痛と職業との間に関係はあるか
  CQ 3. 腰痛は生活習慣と関係があるか
  CQ 4. 腰痛は心理社会的因子と関係があるか
  CQ 5. 腰痛の自然経過はどのようであるか
第3章 診断
  CQ 6. 腰痛患者が初診した場合に必要とされる診断の手順は
  CQ 7. 腰痛診断において有用な画像検査は何か,またはその他に有用な検査はあるか
第4章 治療
  CQ 8. 腰痛の治療に安静は必要か
  CQ 9. 腰痛に薬物療法は有効か
  CQ 10. 腰痛に物理・装具療法は有効か
  CQ 11. 腰痛に運動療法は有効か
  CQ 12. 腰痛に患者教育と心理行動的アプローチ(認知行動療法)は有効か
  CQ 13. 腰痛に神経ブロック・注射療法は有効か
  CQ 14. 腰痛に手術療法(脊椎固定術)は有効か
  CQ 15. 腰痛に代替療法は有効か
  CQ 16. 腰痛の治療評価法で有用なものは何か
第5章 予防
  CQ 17. 腰痛は予防可能か,可能であるならば有効な予防法は
後付
  用語解説
  索引
このページの先頭へ



<前へ 次へ>
書誌情報