ガイドライン作成関連資料集

診療ガイドラインを作成する方に向けて、Mindsでは診療ガイドラインに関する様々な情報をご用意しております。

ぜひご活用ください。


AGREEⅡ日本語訳(2016年7月21日公開)

AGREEⅡは、The AGREE Next Steps Consortiumが開発した、6領域23項目と全体評価2項目、合計25項目から成るガイドライン評価ツールです。

2009年(初版は2003年)に発行され、The AGREE Research Trust Website(http://www.agreetrust.org/)にて公開されています。Mindsは、The AGREE Research Trust が推奨する方法でAGREEⅡオリジナル英語版の日本語訳を作成しました。

「QUADAS-2」日本語訳

診断精度研究のバイアスを評価するツールです。

2011年に改訂されたQUADAS(the quality assessment of diagnostic accuracy studies; 2003年)を、原著者Whiting PF et.al. ; QUADAS-2 Groupの許可を得て、公益財団法人日本医療機能評価機構 EBM普及啓発部会が和訳しました。

QUADAS-2の活用方法を紹介する論文が発行されました。
『薬理と治療』(vol.42 suppl.2, pp: s127-s134)

G-I-N関連リンク集

G-I-N(Guidelines International Network)は、診療ガイドライン作成・適用・活用を行う組織の国際的なネットワークです。

ここでは、診療ガイドライン作成者向けにG-I-Nに関連したリンクを紹介します。

診療ガイドライン海外動向

Mindsでは、海外動向調査を活動の柱のひとつとして位置づけて、海外における診療ガイドライン作成の動向、ガイドラインの普及、活用促進の動向などについて幅広く情報収集と評価を実装しています。

特に注目しているのは、診療ガイドラインの作成手法に関する世界の動向であり、重要と思われる報告書、ウェブサイトなどについて、その概要を、順次、MindsウェブサイトのEBMスコラで紹介していく予定です。海外の診療ガイドライン作成手法には様々な方法が提案されており、研究途上の方法も含まれています。

GRADE システムの動向:推奨作成方法を中心に

畠山洋輔、2016年8月29日公開。

診療ガイドライン作成方法における世界の潮流

森實敏夫、2014年2月1日公開。

海外で開発された診療ガイドライン作成支援システムCPG DEVELOPMENT PORTALの紹介

佐藤康二、2015年11月20日公開。

Instiute of Medicineのレポート(2011)に見る診療ガイドラインの方向性:新定義と作成・普及・導入・評価

畠山洋輔、2015年3月31日公開。

G-I-N PUBLIC Toolkit改訂および患者向けガイドラインの作成方法について

矢口明子、2017年1月17日公開。

過去資料

診療ガイドライン作成に関する過去の資料を掲載しています。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す