腰痛 Minds版やさしい解説

どんな治療をするの?


腰痛だからといって、ずっと横になっていても痛みの改善にはつながりません。
重大な病気やけがではない場合、無理のない程度に、普段と変わらない生活を送ることが腰痛の回復には効果的なようです。

腰痛の治療法として、以下のようなことがあります。



◆薬物療法
 
薬物療法

上記以外に、温湿布・冷湿布、ローション、クリーム、軟膏など、直接皮膚に貼ったり塗ったりする薬もあります。

○神経ブロック
急性期、慢性期の腰痛に対して行われます。
痛みがある周辺の神経に麻酔を注射して、強い痛みや炎症などを抑える治療です。しかし、痛みが抑えられるのは短期間ということもあり、神経ブロックとほかの治療を並行して行います。



◆物理療法・装具療法
 
物理療法・装具療法

◆手術療法
 
重度の慢性腰痛患者さんに対して、脊椎固定術(せきついこていじゅつ)が行われることがあります。
腰痛の原因と考えられる椎骨と椎骨の間を、金属のボルトで固定し、椎骨間の動きを抑える手術です。

しかし、前述した神経症状がない場合には、あまり一般的な治療法ではありません。どの部位が腰痛の原因であるかを主治医にしっかり確認し、患者さん自身も把握しておきましょう。

 

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す