急性胆管炎・胆嚢炎 Minds版やさしい解説

どんな症状がでるの?


急性胆管(たんかん)炎・胆(たん)のう炎では、つぎのような症状が現れます。


図4・急性胆管たんかん炎・たんのう炎のおもな症状
図4・急性胆管炎・胆のう炎のおもな症状

角1 角2
 
腹痛は、お腹の右上みぞおちのあたりが痛むのが特徴です。
・ 急性胆管炎・・・寒気を伴う発熱や、皮膚や白目が黄色くなる黄疸(おうだん)という症状が現れることがあります。
・ 急性胆のう炎・・・発熱・吐き気・嘔吐といった症状がよくみられます。
 
角3 角4


こうした症状が現れたら、我慢したり、放置したりせず、すぐに受診する必要があります。
とくに胆石がある人は要注意です。


 

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す