(旧版)高尿酸血症・痛風 Minds版ガイドライン解説

痛風の動向:痛風有病率は、男性において30歳以降では1%を超えていると推定され、現在も増加傾向であると考えられる。[エビデンス3] [推奨度C]

ガイドライン作成委員より患者さんへ
高尿酸血症が増えた結果、痛風も増えると考えられます。
 


医学用語解説
有病率
(ゆうびょうりつ)
病気が発症する割合を示した指標の一つです。ある時点における特定の集団において、ある病気にかかっている患者さんの割合のことをいいます。多くの場合、人口10万人に対する割合で示されます。




関連する医療提供者向けガイドラインの表示はこちら
(旧版)高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版  2.高尿酸血症・痛風の最近の動向
 
 
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す