糖尿病 Minds版ガイドライン解説

糖尿病は、大血管症危険因子の一つであり、高血糖の程度が軽い境界型でも大血管症リスクは増加する。大血管症危険因子で是正できるものとしては、他に、高血圧症高脂血症肥満喫煙がある。糖尿病を含めた危険因子が複数合併するにつれ大血管症リスクはいっそう増加する。そして、これらの危険因子を包括的にコントロールすることが大血管症の予防に重要である。グレードA レベル2-

ガイドライン作成委員より患者さんへ
糖尿病では動脈硬化が進行し、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞・足の血流不全などの危険性が高まります。さらに、高血圧、脂質異常症、肥満、喫煙がその危険性を一層高めるため、これらの因子を包括的にコントロールすることが重要です。
 


医学用語解説
大血管症
(だいけっかんしょう)
心臓の血管である冠動脈(かんどうみゃく)などの太い血管が硬く、詰まりやすくなる動脈硬化が原因となって生じる病気のことです。動脈硬化が起こると、心臓や脳に十分な血液が供給できなくなります。大血管症には、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの命にかかわる病気があります。糖尿病の患者さんでは、血管が傷つきやすく、大血管症になる危険性は、糖尿病ではない人に比べて数倍高いことが分かっています。
リスク 病気にかかる危険性のことです。血液中のブドウ糖濃度が高い状態が続く糖尿病では、血管や神経が傷つきやすく、ほかの病気にかかるリスクが高まります。例えば、腎臓の働きが低下する腎障害、視力が障害される網膜症、手足のしびれや冷え症、痛みが生じる末梢神経障害などの合併症を起こしやすくなります。また、命にかかわる脳卒中や心臓病といった病気にもかかりやすくなります。
糖尿病
(とうにょうびょう)
血液中のブドウ糖を細胞に取り込む作用を促すインスリンというホルモンの量が足りなくなったり、効き目が悪くなったりして起こる病気のことです。糖尿病になると、血液中のブドウ糖濃度である血糖値が、正常な値よりも高い状態が続くようになります。糖尿病は、主に膵臓(すいぞう)でインスリンを分泌するβ(ベータ)細胞が破壊されて起こる1型糖尿病と、インスリンの効き目が悪くなることによって起こる2型糖尿病に分けられます。
危険因子
(きけんいんし)
病気を引き起こす直接の原因ではありませんが、病気にかかりやすくなる要因のことです。喫煙習慣や飲酒、運動習慣の有無といった日常生活の習慣のほか、遺伝的な要因や、大気汚染といった環境的な要因など、現在では、病気ごとにさまざまな危険因子の存在が明らかとなっています。
高血糖
(こうけっとう)
血液中のブドウ糖の濃度である血糖値が上昇し、正常な値よりも高くなった状態のことです。食事の後にも血糖値は上昇しますが、すぐに膵臓(すいぞう)からインスリンというホルモンが分泌され、血液中のブドウ糖は肝臓や筋肉の細胞に取り込まれるため、高血糖状態は数時間後には解消されます。しかし糖尿病は、インスリンが不足したり、効き目が悪くなったりするため、高血糖状態が長時間持続することになります。
境界型
(きょうかいがた)
血液中のブドウ糖濃度の検査結果が、正常型にも糖尿病型にも当てはまらない状態のことです。具体的には糖尿病の検査である75g糖負荷試験で2時間値が140〜199mg/dlもしくは、一晩絶食した後の空腹時の血糖値が110〜125mg/dlとなる場合です。境界型に当てはまる人は、後に糖尿病型へと悪化する可能性が高いことが分かっており、食事の見直しや積極的に運動を行って、糖尿病を予防する必要があります。
高血圧症
(こうけつあつしょう)
血管内の血液が血管の壁に与える圧力である血圧が、基準値を超えて高くなる病気です。高血圧が進行すると、血管が硬く、詰まりやすくなり、脳卒中や心臓病にかかる危険性が高くなります。日本人の成人では、収縮期(しゅうしゅくき)血圧が140mmHg以上、または拡張期(かくちょうき)血圧が90mmHg以上になると、高血圧と診断されます[小児の場合は年齢によって差がありますが、成人の数値よりも若干低くなります]。収縮期血圧は、心臓が血液を送り出すために収縮したときの血圧、拡張期血圧は心臓が広がって血液を送り出す準備をするときの血圧です。糖尿病患者さんが高血圧を合併している場合、収縮期血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が80mmHg未満を治療目標値とします。
高脂血症[脂質異常症]
(こうしけっしょう[ししついじょうしょう])
血液中に含まれる脂質成分が異常に増える病気のことです。脂質異常症ともいいます。小児ではLDLコレステロール140mg/dl以上、中性脂肪140mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満を医学的に管理が必要な脂質異常症の診断基準としています。高脂血症は目立った症状がない一方で、治療せずに放置しておくと、血管の壁にコレステロールが付着して、血管が硬く詰まりやすくなり、将来、心臓病や脳卒中を起こしやすくなります。
肥満
(ひまん)
体内に脂肪が異常に蓄積し、体重が増え過ぎた状態のことです。主に、運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣が原因である場合と、ホルモンの異常や遺伝などが原因である場合があります。BMI(ビーエムアイ)という身長当たりの体重指数が25kg/m2以上になると、肥満と診断されます。なおBMIは、体重[kg]÷身長[m]2で計算され、一般的にはBMIは22が理想とされていますが、肥満の糖尿病患者さんにおける目標BMIは、病状と生活習慣を考えて目標値を定めるのが望ましいとされています。
喫煙
(きつえん)
タバコを吸うことです。タバコを吸うと血管が収縮して血圧が高くなったり、血管が硬く、詰まりやすくなったりします。その結果、糖尿病が原因で生じるさまざまな病気にかかりやすくなります。そのため糖尿病の治療では、禁煙することがとても重要です。
コントロール 物事を調節したり、管理したりすることです。糖尿病の治療では、血液中のブドウ糖濃度である血糖値をゆっくりと正常値に近づけて、それを維持することが求められます。そのためには、まず食生活の改善や積極的な運動が行われますが、それでも血糖値が下がらない場合には、飲み薬やインスリンの注射などが行われます。

 


関連する医療提供者向けガイドラインの表示はこちら
(旧版)科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 改訂第2版  ステートメント
 
 
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す