アレルギー性鼻炎ガイド
鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会(2005年刊第1版)

診断方法

 
問診
いつ始まったか、季節は、症状の強さは、どんな症状か、他のアレルギーの病気はあるか(喘息、アトピー性皮膚炎)、家族にアレルギーの病気の人はいるか、どんな治療をしたことがあるかなど、診断の基本となる大切なことです。

鼻鏡検査
鼻の中の粘膜が白っぽくはれあがり、鼻みずをみることができます。副鼻腔炎、鼻ポリープ、鼻中隔弯曲症など、他の鼻の病気との区別も必要です。

病気がアレルギーによって起きている証拠をつかむ
鼻みずの中の好酸球を証明します(最も一般的で大切な検査です)。
その他、血液検査で総IgE値、血中好酸球値を測定します。

抗体を証明する
原因となる抗原に対する抗体の検査です。
皮膚反応:
  皮内テスト、プリックテスト、スクラッチテスト。
皮膚に注射などで抗原を入れると、抗体をもっていれば、赤くはれるなどの反応がみられます。
血中特異的IgE検査:
  血液検査で原因となる抗原に対する抗体を証明します。
鼻粘膜誘発テスト:
  原因抗原を鼻の粘膜につけると、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりの反応がでます。

鼻X線検査
副鼻腔炎など、他の病気を否定します。また、アレルギー性鼻炎でも上顎洞の粘膜が荒れていることがあります。

病型の診断
くしゃみ・鼻漏型、鼻閉型、充全型に分けます。

重症度の診断
症状の程度によって、軽症、中等症、重症・最重症に分けます。

 
注1 鼻みずの中に好酸球が証明されて、症状と矛盾しない抗体(花粉症では花粉飛散時期・症状発現時期と抗体の種類が一致する)が証明されれば、診断は確定します。
注2 ●問診票
●アレルギー日記
を書いていただくことがあります。これらは、病型、重症度の診断に役立つばかりでなく、治療がうまくいっているかどうかの参考にもなります。ぜひともご協力ください。

 

 
 
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す