(旧版)高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版

3.合併症・併発症を有する患者の治療

20件/89件 1ページあたりの表示
肥満症治療ガイドライン2006//出典: 日本肥満学会(東京)/ 発行年 2006年月

著者: 肥満症治療ガイドライン作成委員会_編

発行年: 2006

A randomized comparison between rasburicase and allopurinol in children with lymphoma or leukemia at high risk for tumor lysis//出典: Blood/ 97巻, 10号, 2998-3003頁/ 発行年 2001年

著者: Goldman SC/Holcenberg JS/Finklestein JZ/Hutchinson R/Kreissman S/Johnson FL/Tou C/Harvey E/Morris E/Cairo MS

発行年: 2001

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す