有効性評価に基づく肺がん検診ガイドライン

文献ID:S0024514 PMID: 10405737

著者

Cox JE/Chiles C/McManus CM/Aquino SL/Choplin RH

出典: Radiology/ 212巻, 1号, 165-8頁/ 発行年 1999年

AF

4

研究方法

その他

検診方法

経皮的肺穿刺検査(経胸腔的肺穿刺吸引生検:TNAB)

対象数

346人、356例

対象集団の特性

18-92歳(平均年齢64歳)の男性226人、女性120人。
CTガイド下331例、X線ガイド下24例、盲目的生検1例。

対象集団の設定条件

North Carolina Baptist病院の受診者

評価指標

偶発症(気胸)の発生率

評価指標の把握

生検直後のCT像と生検後1-2時間のX線検査。

結果

気胸症例は40.4%(144例、CTガイド下139例、X線ガイド下5例)、そのうち17.4%(25例、全体の7%)はチェストチューブを必要とした。

不利益

上記の通り

研究全般に関するコメント

気胸発生率は病変サイズ、肺気腫の存在に関連し、病変部位、穿刺針サイズ、胸膜通過回数、術者経験には関連しなかった。気胸発生率は、生検穿刺針による肺穿通がなければ15%、あれば50%であったが、胸膜から病変までの距離には関連しなかった。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す