有効性評価に基づく肺がん検診ガイドライン

文献ID:S0024509

著者

金子昌弘/相馬一亥/山本記顕/池田茂人

出典: 気管支学/ 5巻, 2号, 103-12頁/ 発行年 1983年

AF

4

研究方法

その他

検診方法

気管支鏡検査(BFS)

対象数

気管支鏡検査(BFS)77,640例。観察のみ22,710例、直視下生検25,285例、病巣擦過21,465例、経気管支肺生検(TBLB)8,180例。

対象集団の特性

施設へのアンケート調査

対象集団の設定条件

日本の大学病院及び300床以上の総合病院の呼吸器担当科と、結核病棟または呼吸器科のある病院のうち287施設。

評価指標

偶発症の発生率

評価指標の把握

アンケート調査

結果

死亡症例は0.02%で18例であり出血11例、心不全5例、気胸2例。出血(50ml以上もしくは対側吸入)は1.7%(観察のみ0%、直視下生検2.6%、病巣擦過1.2%、TBLB 4.8%)、気胸0.45%(各々0%、0%、0.1%、4.1%)、心肺機能不全0.18%(各々0.2%、0.1%、0%、0.6%)。

不利益

上記の通り

研究全般に関するコメント

死亡症例のうち1例は食道がん気管浸潤に対するレーザー照射中の出血が原因であり検診対象外。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す