(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2006年版

文献ID:S0020388 PMID: 8094952

著者

Willett CG/Lewandrowski K/Warshaw AL/Efird J/Compton CC

出典: Ann Surg/ 217巻, 144-8頁/ 発行年 1993年

Evidence Level

IV

目的

膵頭部癌に対する膵頭十二指腸切除術後の化学放射線療法の効果。

研究施設/組織

マサチューセッツ総合病院

研究期間

1987年7月〜1991年2月

対象患者

上記期間に,上記施設で膵頭十二指腸切除術を受けた膵癌72例。術後放射線補助療法を受けた39例と補助療法を受けなかった29例

介入

EBRT: 1.8Gy×22〜28回/5〜6週,総量40〜50Gy
化学療法 (CT): 5-FU 500mg/m2/日,3日間を放射線照射の1週目と最後の週に加える。

主要評価項目

生命予後

結果

72例中37例 (51%) は切除断端陽性であり,断端陽性例は陰性例に比べて有意に予後が悪い。

断端陰性例         5生率  局所再発なし  遠隔転移なし
 補助療法 (+) (n=16)   29%      42%       49%
 補助療法 (−) (n=19)   18%      31%       31%
                         P>0.10

断端陽性例では,放射線補助療法の有無に関わらず,これらに有意差はみられない。

結論

膵頭切除 (PD,PPD,TP) に術後化学放射線療法を加えても,生存率は有意な影響を受けない。

作成者

下瀬川 徹,石川 治

コメント

単一施設の後ろ向きコホート研究。
症例数が多く,研究デザインもよく考えられている。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す