(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2006年版

文献ID:S0020156 PMID: 15056091

著者

Soriano A/Castells A/Ayuso C/Ayuso JR/de Caralt MT/Gines MA/Real MI/Gilabert R/Quinto L/Trilla A/Feu F/Montanya X/Fernandez-Cruz L/Navarro S

出典: Am J Gastroenterol/ 99巻, 492-501頁/ 発行年 2004年

Evidence Level

II

目的

膵癌のstagingおよびresectabilityを判定する上において,EUS,helical CT,MRI,血管撮影のいずれが効果があるかをprospectiveに評価。

研究施設/組織

Department of Gastroenterology, University of Barcelona, Barcelona, Catalonia, Spain

研究期間

1995年10月〜2000年3月

対象患者

膵癌の疑いにて,彼らの施設に入院し,開腹術の適応と判断された62症例

介入

術前評価のため,EUS,CT,MRI,血管撮影を行い,原発腫瘍,局所進展,リンパ節転移,血管浸潤,遠隔転移,TNM stage,resectabilityを診断し,手術所見と比較した。

主要評価項目

各種検査による,各因子の正診率

結果

helical CTは,原発腫瘍の範囲,局所進展,血管浸潤,遠隔転移,TNM stage,resectabilityを評価する上で,最も高い正診率を認めた。一方,EUSは,腫瘍径,リンパ節転移の評価で,最も正診率が高かった。決定解析によると,resectabilityを評価する最前の方法は,まず,CTもしくはEUSを評価し,切除の可能性のある症例に対して,他の検査を追加することとされた。コストを最小にとどめるためには,CTにて切除の可能性が示唆された患者に対して,EUSにて確認するのが望ましい方法であった。

結論

helical CTとEUSは,膵癌のstagingにあたって最も有用な検査である。切除の可能性のある症例においては,helical CTとEUSが最も信頼できる,コストのかからない診断法と考えられた。

作成者

阪井 満,井上総一郎

コメント

前向きな検討で,方法としても妥当と考えられる。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す