(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2006年版

文献ID:S0020110

著者

日本膵臓学会膵癌登録委員会

出典: 膵臓/ 18巻, 97-169頁/ 発行年 2003年

Evidence Level

IV

目的

日本膵臓学会で集計した膵癌登録症例をいろいろな角度から解析する.

研究施設/組織

日本膵臓学会膵癌登録委員会

研究期間

1981〜2000年

対象患者

膵癌23,991例

介入

なし

主要評価項目

登録症例の概要,術前評価,病理所見,治療法,手術所見,予後

結果

膵癌の初発症状としては,腹痛が最も多く,次いで黄疸,糖尿病の増悪,腰背部痛,全身倦怠感,体重減少などであった。

結論

膵癌の初発症状で最も多いのは腹痛であった。

作成者

羽鳥 隆,白鳥敬子

コメント

膵癌に特有の初発症状はないが,腹痛例では膵癌に対する十分な注意が必要である。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す