(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2006年版

文献ID:S0020100

著者

北川元二

出典: 肝胆膵/ 48巻, 591-7頁/ 発行年 2004年

Evidence Level

II

目的

慢性膵炎と膵癌についての総説

研究施設/組織

国立長寿医療センター病院先端医療部

研究期間

1973〜2002年

対象患者

慢性膵炎の955例のうち死亡例65例

介入

なし

主要評価項目

慢性膵炎患者の死因を検討

結果

自験例の慢性膵炎患者の死因は,悪性腫瘍が29例/65例 (45%) (うち膵癌は9例) である。慢性膵炎全国集計でも悪性腫瘍合併では膵癌が最も多い。慢性膵炎経過中に発生する膵癌の診断は容易ではない。

結論

慢性膵炎の膵癌のリスク比は一般人口に比べて約10〜20倍高い。

作成者

西野隆義,白鳥敬子

コメント

慢性膵炎の膵癌発症を概説。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す