有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン

6)注腸X線検査

20件/16件 1ページあたりの表示
A comparison of colonoscopy and double-contrast barium enema for surveillance after polypectomy. National Polyp Study Work Group//出典: N Engl J Med/ 342巻, 24号, 1766-72頁/ 発行年 2000年

著者: Winawer SJ/Stewart ET/Zauber AG/Bond JH/Ansel H/Waye JD/Hall D/Hamlin JA/Schapiro M/O'Brien MJ/Sternberg SS/Gottlieb LS

発行年: 2000

Prevention of colorectal cancer by colonoscopic polypectomy. The National Polyp Study Workgroup//出典: N Engl J Med/ 329巻, 27号, 1977-81頁/ 発行年 1993年

著者: Winawer SJ/Zauber AG/Ho MN/O Brien MJ/Gottlieb LS/Sternberg SS/Waye JD/Schapiro M/Bond JH/Panish JF/Ackroyd F/Shike M/Kurtz RC/Hornsby-Lewis L/Gerdes H/Stewart ET

発行年: 1993

大腸精密検査の精度および偶発症に関する検討−施設共同研究−//出典: 厚生省がん研究補助金による大腸がん集団検診の精度向上と評価に関する研究 平成8年度研究報告/ 3巻, 12-20頁/ 発行年 1997年

著者: 楠山剛紹/樋渡信夫/斎藤 博/村上良介/松田一夫/有末太郎/相馬 悌/小枝淳一/工藤進英/後藤英世/望月福治/井上 隆/岩瀬孝明/鈴木康元/大谷 透/藤田昌英/吉原正治/日高久光

発行年: 1997

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す