有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン

文献ID:S0016535 PMID: 9794179

著者

Kavanagh AM/Giovannucci EL/Fuchs CS/Colditz GA

出典: Cancer Causes Control/ 9巻, 455-62頁/ 発行年 1998年

方法

S状結腸鏡

AF(Analytic Framework)

1

研究方法

コホート研究

検診方法

内視鏡検査(S状結腸内視鏡検査82.4%,全大腸内視鏡検査17.6%)

対象数

検診受診群3,195人
検診未受診群2,1549人

対象集団の特性

40-75歳,男性

対象集団の設定条件

医療従事者(米国人男性)

評価指標

大腸がんの診断,大腸がん死亡

評価指標の把握

大腸がん罹患は質問票に対する回答から.大腸がん死亡は家族からの回答,US postal service,National Death Indexにより把握.

結果

24744例の男性医療従者に対する1986年から1994年までのコホート研究.
内視鏡スクリーニングにより,全大腸がんの罹患リスクは0.58 (95%CI,0.36-0.96),とりわけ遠位大腸では0.40 (95%CI,0.19-0.84),Dukes A&Bに対しては0.66 (95%CI,0.35-1.25),Dukes C&Dでは0.50 (95%CI,0.20-1.26).
各種大腸がんリスクを補正すると,大腸がん死亡リスクは0.56 (95%CI,0.20-1.60) であった.
遠位大腸のDukes C&Dに対しては年齢調整大腸がん死亡が0.16 (95%CI,0.02-1.23) と防御効果があったが,近位大腸のDukes C&Dでは0.96 (95%CI,0.32-2.91) と効果が認められなかった.

不利益

記載なし

研究全般に関するコメント

40-75歳の男性に大腸内視鏡スクリーニングを行うことにより,大腸がん罹患リスクを低下させることができる.しかし,近位大腸に対しての防御効果が認められなかった.大腸内視鏡と述べてはいるが,S状結腸内視鏡検査と全大腸内視鏡検査の区別がされていない.スクリーニング歴と大腸がん罹患に関するデータは質問票に対する回答によっている(ただし,質問票の回答と診療録の一致については検証済み).対象は男性医療従事者のみ.

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す