「科学的根拠(evidence)に基づく白内障診療ガイドラインの策定に関する研究」厚生科学研究補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業:EBM分野)

文献ID:S0005014 PMID: 8302528

著者

Karbassi M/Khu PM/Singer DM/Chylack LT Jr.

出典: Optom Vis Sci/ 70巻, 11号, 923-8頁/ 発行年 1993年

対象患者と研究施設

判定可能な2グループの患者(193眼と51眼)の眼写真

目的と方法

LOCSIII分類の細隙灯顕微鏡での有用性の評価と写真判定結果との比較

2名の検者が2グループの患者について、細隙灯顕微鏡および写真での判定をLOCSIIIにより行った。

結果

細隙灯顕微鏡での95%許容限界は第1グループ193眼で0.9-1.8であったものが、第2グループ51眼の判定時では0.6-1.2に向上した。特に皮質混濁と核の色調についての精度は大きく改善された。写真判定での95%許容限界は第1グループでの2検者間で0.3-0.6、同一検者内で0.6-0.8であり、第2グループ51眼の判定時でもほぼ同様の結果であった。細隙灯顕微鏡と写真判定間の95%許容限界は1.0より大きいことがほとんどであった。

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す