(旧版)EBMに基づく 胃潰瘍診療ガイドライン 第2版 -H. pylori二次除菌保険適用対応-

文献ID:S0028082 PMID: 8654142

著者

Di Mario F/Battaglia G/Leandro G/Grasso G/Vianello F/Vigneri S

出典: Dig Dis Sci/ 41巻, 1108-31頁/ 発行年 1996年

研究デザイン

MA(メタ) 1977年から1994年 一重盲検あるいは二重盲検のランダム化比較試験を対象

エビデンスレベル

レベルI:システマティックレビュー/メタアナリシス

対象者(疾患/病態)

胃潰瘍

サンプルサイズ

52の研究を含む48の論文
Cimetidine 925名,Ranitidine 756名,Famotidine 271名,Omeprazole vs H2RA 1273名

セッティング

他国多施設

追跡率

不定

予知因子:介入/要因曝露と対照

治療薬:Cimetidine,Ranitidne,Famotidine,Sucralfate,Bismuth,Omeprazole
プラセボ

エンドポイント(アウトカム)

治療開始後4から6週目の潰瘍治癒

主な結果と結論

プラセボに対して,CimetidineはOR=2.67(2.03-3.52),RanitidineはOR=3.94(2.28-6.80),FamotidineはOR=1.76(1.08-2.88)で有意に治癒率が高い.H2RAの間には差がない.これらH2RAの効果はSucralfateの8週の治癒率に対してOR=0.81(0.37-1.79),Bismuthの4-6週の治癒率に対してOR=0.67(0.37-1.20)で有意差なし.OpeprazoleはH2RAに対し,OR=2.00(1.57-2.55)で有意にすぐれている.

効果指標値(95%信頼区間)

OpeprazoleはH2RAに対し,オッズ比=2.00(1.57-2.55)で有意にすぐれていた.
統計学的解析法:固定効果モデル,ランダム効果モデル
結果の表示をGalbraith's Radial Plot Methodでも行なった.

コメント

プロトンポンプ阻害薬(Omeprazole)が1996年の時点での胃潰瘍治療のGold Standardである.胃潰瘍治療にプロトンポンプ阻害薬がH2RAよりすぐれていることは明らかである.

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す