(旧版)科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 改訂第2版

文献ID:S0034179

著者

杉山 隆/日下秀人/佐川典正/豊田長康

出典: 糖尿病と妊娠/ 6巻, 1号, 7-12頁/ 発行年 2006年

研究デザイン

prospective study

Evidence Level

レベル3

対象

日本.妊婦(4,070人)

方法

妊娠初期および妊娠中期にGCT,随時血糖,食後血糖,空腹時血糖による
GDM スクリーニングを行い,精度,コスト効果などを比較検討した

結果

GDM の頻度は2.9%であり,そのうち78.6%は妊娠初期に発見された.
妊娠時のスクリーニングとして,精度・コスト・簡便性の点より,妊娠初期は
随時血糖(カットオフ値:95mg/dL),妊娠中期はGCT(カットオフ値:140mg/dL)が望ましい

ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す