(旧版)科学的根拠に基づいたアルブミン製剤の使用ガイドライン

 
本文・書誌情報
※このガイドラインの改訂版が発行されています。
目次
1. 初めに
  1) ガイドライン作成の目的
  2) 作成の経緯
  3) 作成方法
  4) 公開と改訂
  5) 資金と利害相反
2. アルブミン製剤の種類と投与の評価
3. 低アルブミン血症の病態とアルブミン投与の目的
4. 測定法による血清アルブミン値への影響
5. 病態別のアルブミン使用の有用性と推奨
  ① 出血性ショック
  ② 重症敗血症
  ③ 肝硬変に伴う腹水
  ④ 難治性の浮腫,肺水腫を伴うネフローゼ症候群
  ⑤ 循環動態が不安定な対外循環
  ⑥ 凝固因子の補充を必要としない治療的血漿交換療法
  ⑦ 重症熱傷
  ⑧ 低蛋白血症に起因する肺水腫あるいは著明な浮腫
  ⑨ 血漿循環量の著明な減少
  ⑩ 脳虚血(頭部外傷)
  ⑪ 人口心肺を使用する心臓手術
  ⑫ 周術期の循環動態の安定した低アルブミン血症
  ⑬ 妊娠高血圧症候群
  ⑭ 炎症性腸疾患
  ⑮ 蛋白資源としての栄養補給
  ⑯ 末期患者
  ⑰ 他の血漿増量剤が適応とならない病態
     
このページの先頭へ



ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す