日本版・集中治療室における成人重症患者に対する痛み・不穏・せん妄管理のための臨床ガイドライン

 
本文はPDFでご覧ください。
編集
日本集中治療医学会
J-PADガイドライン作成委員会


発行年月日
2015年2月6日


発行
総合医学社

このガイドラインを書籍として購入することができます。
詳細はこちら

※専門部会において書籍版が評価選定されましたが、日本集中治療医学会のご指示により論文版のPDFを
掲載しています。
※このガイドラインは、日本集中治療医学会より許可を得て掲載しています。


目次
はじめに
 
ガイドライン作成方法
 
Ⅰ 痛み管理
1) 痛みの発現
2) 痛みの評価
3) 痛みの治療
Ⅱ 不穏と鎮静
鎮静の適応
鎮静薬の臨床薬理学
1) 鎮静深度と臨床的アウトカム
2) 鎮静深度とモニタリング
3) 不穏
4) 鎮痛優先の鎮静
5) 鎮静薬の選択
6) 神経学的モニタリング
Ⅲ せん妄の管理
1) ICU患者のせん妄に関連した臨床的アウトカム
2) せん妄の検出とモニタリング
3) せん妄の危険因子
4) せん妄の予防
5) せん妄の治療
Ⅳ 早期離床を目指したICUでのリハビリテーション
Ⅴ 実践を促すための対策と睡眠コントロールおよび非挿管患者への対応
1) ガイドラインの実践を促すための対策と教育
2) ICU患者における睡眠コントロール
3) 非挿管患者(NPPV含む)における鎮痛・鎮静戦略
4) 重症患者に対する身体抑制
おわりに
このページの先頭へ



ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す