(旧版)機能性消化管疾患診療ガイドライン 2014-過敏性腸症候群(IBS)

 

※このガイドラインの改訂版が発行されています。
目次
前付
   日本消化器病学会ガイドラインの刊行にあたって
   統括委員会一覧
   機能性消化管疾患診療ガイドライン 2014-過敏性腸症候群(IBS)委員会
   機能性消化管疾患診療ガイドライン 2014-過敏性腸症候群(IBS)作成の手順
   本ガイドライン作成方法
   利益相反に関して
   本ガイドラインの構成
   フローチャート・図表
   クリニカルクエスチョン一覧
   略語一覧
第 1 章 概念・定義・疫学 
   CQ 1-1      過敏性腸症候群(IBS)とはどのように定義されるか?
   CQ 1-2      IBSの有病率は増加しているか?
   CQ 1-3      IBSの有病率は性,年齢,居住地,職業により変化するか?
   CQ 1-4      IBSの有病率は肥満者で高いか?
   CQ 1-5      IBS全体における感染性腸炎後IBS(post-infectious IBS:PI-IBS)の
                   割合は高いか?
   CQ 1-6      IBS患者のQOLは低下しているか?
   CQ 1-7      重症度,心理的異常はIBS患者の受療行動を決めるか?
第 2 章 病 態
   CQ 2-1      IBSの病態にストレスが関与するか?
   CQ 2-2      IBSの病態に腸内細菌・粘膜炎症が関与するか?
   CQ 2-3      IBSの病態に神経伝達物質と内分泌物質が関与するか?
   CQ 2-4      IBSの病態に心理的異常が関与するか?
   CQ 2-5      IBSの病態に遺伝が関与するか?
   CQ 2-6      分類(C,D,M,U)によって病態が異なるか?
第 3 章 診 断
   CQ 3-1      IBSの診断にRomeⅢ基準は有用か?
   CQ 3-2      IBSの鑑別診断に家族歴,アラームサイン(警告徴候)としての血便,
                   睡眠時腹痛は有用か?
   CQ 3-3      IBSの診断に検体検査(血液,尿,糞便)は有用か?
   CQ 3-4      IBSの診断に大腸内視鏡・大腸X線検査は有用か?
   CQ 3-5      IBSの診断に大腸以外の内視鏡・画像検査
                   (上部消化管内視鏡,腹部X線写真,超音波検査,腹部CT)は有用か?
   CQ 3-6      IBSの診断に病理組織学的検査は必要か?
   CQ 3-7      IBSの診断に消化管機能検査(大腸内圧,バロスタット,直腸肛門内圧,
                   消化管通過時間)は有用か?
   CQ 3-8      IBSの診断に質問票(消化器症状,心理尺度,QOL)検査は有用か?
   CQ 3-9      IBSの診断に重症度分類は有用か?
   CQ 3-10    IBSの診断に客観的な診断指標(バイオマーカー)があるか?
第 4 章 治 療
   CQ 4-1      IBSの治療目標は症状改善が得られることか?
   CQ 4-2      患者-医師関係は治療に有効か?
   CQ 4-3      IBSに食事指導・食事療法(高繊維食増加,油脂減少,香辛料減少など)は
                   有効か?
   CQ 4-4      IBSに食事以外の生活習慣の改善・変更(禁酒,禁煙,睡眠,休養など)は
                   有効か?
   CQ 4-5      IBSにプロバイオティクス・プレバイオティクスは有効か?
   CQ 4-6      IBSに抗菌薬は有効か?
   CQ 4-7      IBS-Dに5-HT3拮抗薬は有効か?
   CQ 4-8      IBS-Cに5-HT4刺激薬は有効か?
   CQ 4-9      IBS-Cに粘膜上皮機能変容薬は有効か?
   CQ 4-10    IBSに高分子重合体・食物繊維は有効か?
   CQ 4-11    IBSに消化管運動機能調節薬は有効か?
   CQ 4-12    IBSに抗コリン薬は有効か?
   CQ 4-13    IBS-Dに止痢薬は有効か?
   CQ 4-14    IBS-Cに下剤は有効か?
   CQ 4-15    IBS-Cに浣腸は有効か?
   CQ 4-16    IBSに抗うつ薬は有効か?
   CQ 4-17    IBSに抗不安薬は有効か?
   CQ 4-18    IBSに抗精神病薬・気分安定化薬は有効か?
   CQ 4-19    IBSにプラセボは有効か?
   CQ 4-20    IBSに心理療法は有効か?
   CQ 4-21    IBSに代替医療は有効か?
   CQ 4-22    IBSに漢方薬は有効か?
   CQ 4-23    IBSに運動療法は有効か?
   CQ 4-24    IBSにはIBDの治療が有効か?
   CQ 4-25    IBSに抗アレルギー薬は有効か?
   CQ 4-26    IBSの腹痛に麻薬およびその類似薬は有効か?
   CQ 4-27    IBSの重症度に応じた治療法の有効性は高いか?
   CQ 4-28    IBSでは感染性腸炎後か否かで治療反応性は異なるか?
   CQ 4-29    IBSでは消化管機能検査が治療効果を左右するか?
   CQ 4-30    同一治療でも分類(C,D,M,U)によって治療効果は異なるか?
第 5 章 予後・合併症
   CQ 5-1      IBSの症状は加齢により変化するか?
   CQ 5-2      IBSの分類(C,D,M,U)は移行するか?
   CQ 5-3      IBSは治療により予後が変わるか?
   CQ 5-4      IBSに機能性ディスペプシア(FD)が合併する頻度は高いか?
   CQ 5-5      IBSに胃食道逆流症(GERD)が合併する頻度は高いか?
   CQ 5-6      IBSとIBDは高率に合併・移行するか?
   CQ 5-7      IBSと消化管外の身体疾患は高率に合併するか?
   CQ 5-8      IBSと心理的異常は高率に合併するか?
   CQ 5-9      IBSにおける合併症はQOLや予後に影響を及ぼすか?
   索引
このページの先頭へ



ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す