(旧版)腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 2011

 
 
第3章 治療

■ Clinical Question 5
腰部脊柱管狭窄症の治療に関する適切な評価法は何か

推奨

【Grade B】
Swiss Spinal Stenosis Questionnaire(SSS)別名Zurich Claudication Questionnaire(ZCQ)は,腰部脊柱管狭窄症の治療に関する適切な評価法である.

【Grade I】
Maine-Seattle Back Questionnaire(MSBQ),Oswestry Disability Index(ODI),Oxford Claudication Score(OCS),Shuttle Walking Test(SWT),Exercise Treadmill Test(ETT)なども妥当な評価法である.

【Grade B】
わが国ではJapanese Orthopaedic Association(JOA)スコアが腰部脊柱管狭窄症をはじめとする各種腰痛疾患の評価法として使用されてきた.現在では Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire(JOABPEQ)が,信頼性の高い新しい評価法として利用されている.

【Grade B】
腰部脊柱管狭窄症の患者では,身体的健康度だけではなく,精神的健康度も低下している.手術前のうつ症状は,術後のOswestry Disability Index(ODI),Stucki重症度スコア,visual analog scaleと相関する.手術治療を行う腰部脊柱管狭窄症の患者では,手術前のうつ症状に注意を払う必要がある.

【Grade B】
手術後における患者の高い満足度は,年齢,性別,学歴に関連があり,患者の多様な背景に影響される.


解説

Stuckiら11)は,腰部脊柱管狭窄症に関する自己記入式簡易評価法を開発した.この評価法は,Swiss Spinal Stenosis Questionnaire(SSS)またはZurich Claudication Questionnaire(ZCQ)と称され,妥当性や信頼性に優れているというエビデンスを獲得している(EV level II).Tuliら14)は,腰部脊柱管狭窄症に対して外科的治療を受けた患者にSSSを実施し,本評価法は腰部脊柱管狭窄症の手術成績評価に有用であることを示した(EV level II).しかしながら,SSSの歩行能力評価に対する信頼性については議論があるところである13)EV level IV).Maine-Seattle Back Questionnaire(MSBQ),Shuttle Walking Test(SWT),Oswestry Disability Index(ODI),Oxford Claudication Score(OCS),Exercise Treadmill Test(ETT),自転車エルゴメータ,visual analog scale(VAS)を用いた研究も行われてきたが,各評価法の妥当性や信頼性に関する十分なエビデンスは得られていない1, 9, 12)EV level II〜III).また,腰部脊柱管狭窄症の除圧術後における疼痛および歩行距離と患者満足度に関する研究から,歩行距離の改善と患者満足度との相関は低く,患者満足度は疼痛レベルに左右されやすいことが示された15)EV level IV).
Fujiwaraら2)は,わが国で最も用いられているJapanese Orthopaedic Association(JOA)スコアは信頼性の高い評価法であると報告した(EV level II).その改善であるJapanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire(JOABPEQ)も,さまざまな腰椎疾患の評価に使用されている3, 7)EV level II).
McDonoughら6)は,各種の患者立脚型評価法をもとに作成されたquality of life years(QALY)を用いて手術治療と薬物治療との間で費用効果分析を行った.その結果,QALYの判定に適した評価法は,腰部脊柱管狭窄症の治療に対する評価に有用であるとのエビデンスが得られた(EV level II).
Sinikallioら10)は,腰部脊柱管狭窄症の手術患者に対する術前,術後3ヵ月の調査から,術前のうつ状態が術後のOswestry Disability Index(ODI),Stucki重症度,visual analog scale(VAS)と高い相関があることを示し,術前に各症例のうつ状態を評価することが重要と結論した(EV level IV).また,松平ら5)は,腰部脊柱管狭窄症患者の症状と抑うつおよび健康関連QOLを調査した.その結果,抑うつ傾向は32%の患者にみられ,精神的健康度の下位尺度点数が低下していた.このことから,腰部脊柱管狭窄症患者に対しては,抑うつのスクリーニングおよび精神的ケアが必要であると指摘した(EV level IV).大谷ら8)は,東北腰部脊柱管狭窄症研究会で作成された腰部脊柱管狭窄診断ツールにより同疾患と診断された患者に対し,包括的健康関連QOLを評価した.その結果,腰部脊柱管狭窄症患者では,精神的健康度へ与える影響よりも身体的健康関連QOLの低下が主体であった.この結果は,松平らの結果に反する内容であったが,対象患者の選択に偏りがあるためと思われる(EV level IV).
Gepsteinら4)は腰部脊柱管狭窄症で手術を施行した65歳以上の患者について,後ろ向き調査を行った.高年齢,男性,高学歴の患者は,手術治療に対しプラスの期待を抱いており,手術前の期待度と術後の満足度は正の相関を示したことは,術後満足度が,多様な背景に影響されることを示している(EV level IV).


文献

1) Atlas SJ, Deyo RA, van den Ancker M et al:The Maine-Seattle back questionnaire:a 12-item disability questionnaire for evaluating patients with lumbar sciatica or stenosis: results of a derivation and validation cohort analysis. Spine 2003;28(16):1869-1876
2) Fujiwara A, Kobayashi N, Saiki K et al:Association of the Japanese Orthopaedic Association score with the Oswestry Disability Index, Roland-Morris Disability Questionnaire, and short-form 36. Spine 2003;28(14):1601-1607
3) Fukui M, Chiba K, Kawakami M et al:JOA Back Pain Evaluation Questionnaire(JOABPEQ) / JOA Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire(JOACMEQ).The report on the development of revised versions. April 16, 2007. The Subcommittee of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Orthopaedic Association on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation. J Orthop Sci 2009;14(3):348-365
4) Gepstein R, Arinzon Z, Adunsky A et al:Decompression surgery for lumbar spinal stenosis in the elderly:preoperative expectations and postoperative satisfaction. Spinal Cord 2006;44(7):427-431
5) 松平 浩, 岸本淳司, 原 慶宏ほか:腰部脊柱管狭窄症の実態.日腰痛会誌 2007;13(1):192-196
6) McDonough CM, Grove MR, Tosteson TD et al:Comparison of EQ-5D, HUI, and SF-36-derived societal health state values among spine patient outcomes research trial(SPORT) participants. Qual Life Res 2005;14(5):1321-1332
7) Ohtori S, Ito T, Yamashita M et al:Evaluation of low back pain using the Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire for lumbar spinal disease in a multicenter study:differences in scores based on age, sex, and type of disease. J Orthop Sci 2010;15(1):86-91
8) 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野慎一ほか:運動器に関する疫学調査 南会津スタディ第2報 腰部脊柱管狭窄症と健康関連QOLとの関係(横断研究).臨整外 2008;43(9):883-888
9) Pratt RK, Fairbank JC, Virr A:The reliability of the Shuttle Walking Test, the Swiss Spinal Stenosis Questionnaire, the Oxford Spinal Stenosis Score, and the Oswestry Disability Index in the assessment of patients with lumbar spinal stenosis. Spine 2002;27(1):84-91
10) Sinikallio S, Aalto T, Airaksinen O et al:Depression is associated with poorer outcome of lumbar spinal stenosis surgery. Eur Spine J 2007;16(7):905-912
11) Stucki G, Daltroy L, Liang MH et al:Measurement properties of a self administered outcome measure in lumbar spinal stenosis. Spine 1996;21(7):796-803
12) Tenhula J, Lenke LG, Bridwell KH et al:Prospective functional evaluation of the surgical treatment of neurogenic claudication in patients with lumbar spinal stenosis. J Spinal Disord 2000;13(4):276-282
13) Tomkins CC, Battié MC, Hu R:Construct validity of the physical function scale of the Swiss Spinal Stenosis Questionnaire for the measurement of walking capacity. Spine 2007;32(17):1896-1901
14) Tuli S, Yerby S, Katz JN:Methodological approaches to developing criteria for improvement in lumbar spinal stenosis surgery. Spine 2006;31(11):1276-1280
15) Yamashita K, Hayashi J, Ohzono K et al:Correlation of patients satisfaction with symptom severity and walking ability after surgical treatment for degenerative lumbar spinal stenosis. Spine 2003;28(21):2477-2481



 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す