(旧版)糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン

 
I.糖尿病患者における歯周病の病態


角1 角2
 
  • Q3:糖尿病に罹患している歯周病患者と罹患していない歯周病患者ではポケット内細菌叢は異なるのか?
 
角3 角4

  • A:糖尿病に罹患している歯周病患者のポケット内は,糖尿病に罹患していない歯周病患者のそれと比較して,異なる菌種が存在しているか否かについては明らかにされていない。しかし,Porphyromonasgingivalis,Capnocytophaga spp.などの歯周病原細菌の検出率が高く,とくにP.ginigivalis の検出率が高いとする報告が多い(レベル4)。


背景・目的
糖尿病に罹患している歯周病患者の歯周炎症状は,糖尿病に罹患していない患者の歯周炎症状と比較して重症であるといわれている。歯周病発症の原因因子である歯周病原細菌の存在や割合が,糖尿病非罹患歯周病患者のそれと異なるために歯周炎症状に影響するのか否かを知ることはたいへん重要である。

解説
Ebersoleら1)は,糖尿病に罹患している歯周病患者のポケットからは,糖尿病に罹患していない歯周病患者のそれよりも,P.gingivalisAggregatibacter actinomycetemcomitansCapnocytophaga spp.といった菌の検出率が有意に高いと報告している(レベル4)。Campusら2),Thorstenssonら3),Zambonら4)は検索した菌の中でP.gingivalis だけが有意に高く検出されたと報告している(いずれもレベル4)。また,Cianterら5),Mashimoら6)Capnocytophaga spp.が糖尿病を有する歯周病患者のポケットから有意に高い割合で検出されたとしている(レベル4)。Sbordoneら7)P.gingivalis Capnocytophaga spp.が有意に高く,PrevotellaintermediaA. actinomycetemcomitansは低かったと報告している(レベル4)。
これらに対して,Lallaら8)は,Eubacterium novatum以外の菌の検出率に差がなかったと報告し,症状などの条件をそろえると細菌叢にはあまり違いがないことを報告している(レベル4)。
糖尿病を有する歯周病患者の臨床症状が重度であるために,歯周病原細菌の検出率が高いという考え方も成り立つため,一概に結論づけるのは難しい。

文献検索ストラテジー
電子検索データベースとして,Medlineを検索した。下に示すように,MeSH Termを確認し,“Periodontal Disease”[MeSH Term] AND “Diabetes Mellitus”[MeSH Term] AND “Dental Plaque”[MeSH Term] AND “Bacteria”[MeSH Term]で文献を抽出し,その中から主要な情報として,糖尿病に罹患した歯周病患者と糖尿病に罹患していない歯周病患者の細菌叢を比較した論文を検討した。また抽出した論文中の記載から,関連していると考えられる文献を検討した。

seq. terms and strategy hits
#1 “Periodontal Disease”[MeSH Terms] 52,431
#2 “Diabetes Mellitus”[MeSH Terms] 27,184
#3 “Dental Plaque”[MeSH Terms] 12,976
#4 “Bacteria”[MeSH Terms] 827,184
#5 #1 AND #2 AND #3 AND #4 37
最終検索日2008年8月25日

参考文献
1) Ebersole JL, Holt SC, Hansard R, Novak MJ. Microbiologic and immunologic characteristics of periodontal disease in Hispanic americans with type 2 diabetes. J Periodontol. 2008;79(4):637-46.
2) Campus G, Salem A, Uzzau S, Baldoni E, Tonolo G. Diabetes and periodontal disease: a case-control study. J Periodontol. 2005;76(3):418-25.
3) Thorstensson H, Dahlén G, Hugoson A. Some suspected periodontopathogens and serum antibody response in adult long-duration insulin-dependent diabetics. J Clin Periodontol. 1995;22(6):449-58.
4) Zambon JJ, Reynolds H, Fisher JG, Shlossman M, Dunford R, Genco RJ. Microbiological and immunological studies of adult periodontitis in patients with noninsulin-dependent diabetes mellitus. J Periodontol. 1988;59(1):23-31.
5) Ciantar M, Gilthorpe MS, Hurel SJ, Newman HN, Wilson M, Spratt DA. Capnocytophaga spp. in periodontitis patients manifesting diabetes mellitus. J Periodontol. 2005;76(2):194-203.
6) Mashimo PA, Yamamoto Y, Slots J, Park BH, Genco RJ. The periodontal microflora of juvenile diabetics. Culture, immunofluorescence, and serum antibody studies. J Periodontol. 1983;54(7):420-30.
7) Sbordone L, Ramaglia L, Barone A, Ciaglia RN, Tenore A, Iacono VJ. Periodontal status and selected cultivable anaerobic microflora of insulin-dependent juvenile diabetics. J Periodontol. 1995;66(6):452-61.
8) Lalla E, Kaplan S, Chang SM, Roth GA, Celenti R, Hinckley K, Greenberg E, Papapanou PN. Periodontal infection profiles in type 1 diabetes. J Clin Periodontol. 2006;33(12):855-62.

関係論文の構造化抄録
1)Ebersole JL, Holt SC, Hansard R, Novak MJ.
Microbiologic and immunologic characteristics of periodontal disease in Hispanic americans with type 2 diabetes.
J Periodontol. 2008;79(4):637-46.
糖尿病に罹患した歯周病患者と糖尿病に罹患していない歯周病患者の細菌叢と免疫応答を比較する。
ザイン 比較対照試験(観察研究)。
テキサス大学ヘルスサイエンスセンター。
63名のヒスパニックアメリカン。
糖尿病。
主要評価項目 4群(2型糖尿病+歯周病,2型糖尿病+健常,非糖尿病+歯周病,健常)に分け,臨床項目,細菌叢,血清抗体価。
歯周病群の比較で,糖尿病のある患者からP. gingivalis, A. actinomycetemcomitans, Capnocytophaga spp.が有意に高い率で検出された。
糖尿病を有する歯周病患者には,歯周病細菌の検出率が高い。
(レベル4)

8)Lalla E, Kaplan S, Chang SM, Roth GA, Celenti R, Hinckley K, Greenberg E, Papapanou PN.
Periodontal infection profiles in type 1 diabetes.
J Clin Periodontol. 2006;33(12):855-62.
1型糖尿病に罹患した歯周病患者と糖尿病に罹患していない歯周病患者の細菌叢と免疫応答を比較する。
ザイン ランダム化比較試験。
コロンビア大学ナオミベリー糖尿病センター。
50名の1型糖尿病に罹患した歯周病患者,50名の糖尿病に罹患していない歯周病患者。
糖尿病。
主要評価項目 2群(1型糖尿病+歯周病,非糖尿病+歯周病)に分け,臨床項目,細菌叢,血清抗体価,サイトカインレベル。
歯周病群の比較で,糖尿病のある患者と糖尿病のない患者では,Eubacterium novatum以外の菌の検出率に差は認めなかった。
症状などの条件をそろえると細菌叢にはあまり違いがない。
(レベル4)


 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す